かぶと飾りの飾り方・お手入れ方法|埼玉・岩槻の雛人形・五月人形なら【人形の東玉】


お問合せはこちら
TEL.048-756-1111 
FREE.0120-393501 
五月人形 破魔弓
HOME > 五月人形 破魔弓・飾り方・お手入れ方法(兜飾り)
五月人形 破魔弓 人形の東玉

飾り方、お手入れ方法・兜飾り

兜飾り 各部の名称


    <ご注意> 写真の兜飾りは一例です。この他にも、「形、絵柄」の違うものがあります。
かぶと飾り 飾り方
  1.兜(かぶと)
  2.屏風(びょうぶ)
  3.弓太刀揃、弓(ゆみ)
  4.弓太刀揃、太刀(たち)
  5.飾り台(かざりだい)
    ※飾り台がつかない場合もあります
  6.敷き毛せん(しきもうせん)
    ※毛せんがつかない場合もあります
かぶと飾り 飾り方
(注)八幡座(はちまんざ)鉢の頭頂部に空いている穴で、部品取付穴ではありません。

兜の飾り方順序

かぶと飾り 飾り方
  1. 櫃をあけ、兜の部分を取り出します。
    (鍬形は櫃底にあり目立たないことがあります。ご注意下さい)
 かぶと飾り 飾り方
  1. 敷き毛せんを敷き、台と屏風を飾り、台の上に櫃を置きます。
    (飾り台は安定した場所に飾って下さい。)
かぶと飾り 飾り方
  1. 櫃の中央やや前よりに芯木を立てます。
    (櫃には前後のあるものもあります。)
かぶと飾り 飾り方
  1. 芯木に袱紗をかぶせます。
    櫃の前面に垂れすぎないようご注意下さい。
かぶと飾り 飾り方
  1. 鍬形を兜の鍬形台の左右の受け口に差し込みます。
かぶと飾り 飾り方
  1. 兜を芯木の上にバランス良く置きます。
かぶと飾り 飾り方
  1. 太刀を柄の部分を下向きにして太刀台に置きます。
    (付属のひも等で固定します。)
かぶと飾り 飾り方
  1. 飾り台に弓太刀揃を飾り、中央に兜を置いて完成です。

前立がつく兜飾りの注意点

前立がつく場合−1
前立がつく場合−2
かぶと飾り 飾り方 かぶと飾り 飾り方
前立がつく場合は、前立(龍頭・獅子頭など)を
鍬形台中央の受け口に差し込みます。
伊達正宗公の兜、徳川家康公の兜などは、鍬形ではなく、前立のみの飾りになります。前立受け口に前立飾りを差し込みます。

安全に関するご注意

かぶと飾り 飾り方
  1. 金属部品が多く使われていますので、たたいたり、振り回したりしないで下さい。
    ケガをする危険があります。
かぶと飾り 飾り方
  1. 小さい部品が多いので、誤飲にお気を付け下さい。
  
かぶと飾り 飾り方
  1. 平らな場所でお飾り下さい。
  
かぶと飾り 飾り方
  1. 鑑賞用に作られていますので、他の目的で使用しないで下さい。
    着用兜・鎧も撮影・鑑賞用です。他の目的に使わないで下さい。

お取扱いのご注意

かぶと飾り 飾り方
  1. 直射日光の当たる場所には飾らないで下さい。鎧・兜などの色あせの原因となります。
かぶと飾り 飾り方
  1. 時折、羽根ハタキをおかけ下さい。ほこりや、汚れは五月人形の大敵です。又、鎧・兜やお道具は天気の良い日(乾燥している)に羽根ハタキでほこりを良く払ってからおさめて下さい。
かぶと飾り 飾り方
  1. 五月人形を箱におさめるとき「つめ紙」を軽く入れて下さい。
 かぶと飾り 飾り方
  1. お道具や鎧兜は湿気をきらいますので直接触れないようにして紙などで包み、日陰で乾燥した場所におしまい下さい。防虫剤をお入れになる場合は人形専用のものをお使い下さい。(入れすぎないようご注意下さい。)
かぶと飾りの飾り方・お手入れ方法|雛人形・五月人形・羽子板・破魔弓|人形の町 埼玉・岩槻の東玉(とうぎょく)
人形の東玉(とうぎょく)
埼玉県さいたま市岩槻区本町1-3-2
TEL.048-756-1111/0120-393501
FAX.048-757-3113
お問合せはこちら
※オンラインショップと総本店はサービス内容が一部異なります。ご了承下さい。