親王飾り、親王官女飾りの飾り方、お手入れ方法|埼玉・岩槻の雛人形・五月人形なら【人形の東玉】


お問合せはこちら
TEL.048-756-1111 
FREE.0120-393501 
ひな人形 羽子板
HOME > ひな人形 羽子板・飾り方、お手入れ方法(親王飾り、親王官女飾り)
ひな人形 羽子板 人形の東玉

飾り方、お手入れ方法・親王飾り、親王官女飾り

おひなさまは、お嬢様の健やかなご成長を願って、上巳の節供(桃の節供)に飾られる伝統行事にかかせないお人形です。楽しくひなまつりをすごしていただく為にも、小さいお子様がぶつかったり、口に入れたりしてケガをしないように、ご注意をお願いいたします。

≪1≫ 小道具類のつけ方のご注意


小道具を持たせにくい場合、人形の手・腕を多少動かすことができます。
手の向きや間隔を調節して下さい。
親王飾り・親王官女飾り 飾り方

親王・しんのう
親王飾り・親王官女飾り 飾り方
  • 立櫻は冠の後に差し込みます。
  • 笏は右手に持たせます。
  • 太刀は左腰に差します。
    紐のついているものは腰に結びます。
親王飾り・親王官女飾り 飾り方
  • 檜扇は少し拡げて手に持たせます。
    持ちにくい場合は、手を多少拡げ調節できます。


三人官女・さんにんかんじょ
  親王飾り・親王官女飾り 飾り方
  • 銚子は右手に持たせます。
  • 三方・島台は両手を左右に軽く拡げ、はさみ込むようにして持たせます。
  • 三方の代わりに島台がつくこともあります。
  • 加えの銚子は、多少曲げることができます。
   ※三人官女の内、眉のついていない官女は年長で位が高いことをあらわしています。
    (三人とも眉のあるものもございます。)


≪2≫ 飾り方の順序


   ※お飾りになる前に
    収納の仕方は種類によって異なります。お出しになる前に確認しておくと便利です。

1.飾る位置をきめ、雛壇を組み立てます。

   雛段の中にある組立て方説明書をごらんになりながら組立てます。
   ※スチール段の場合は毛せんをかけます。

2.雛道具を飾り付けます。

   上の段から順に下に向かって、雛道具を飾り付けます。親王台と一人台は、人形の箱に入っています。
   (商品によって、親王台、一人台はお道具の箱に入っている場合もあります。)
親王飾り・親王官女飾り 飾り方
  1. 上から一番目の段
    屏風・親王台・雪洞・三方・菱台などを飾ります。
  2. 二番目の段
    一人台を三つ飾ります。
    (一人台がついていない場合もあります。)
    ※ 欄干・高坏が付く場合もあります。
  3. 三番目の段
    橘・御駕籠・重箱・牛車(御所車)・桜を左から順におきます。
    ※ 御道具の飾り方には、決まりはございません。いろいろな道具をたして、豪華にお飾り下さい。
    ※ 二段飾りの場合は、御駕籠・重箱・牛車は付きません。
親王飾り・親王官女飾り 飾り方
親王飾り・親王官女飾り 飾り方


3.お人形を並べます。

   お人形を出し、小道具をつけて、所定の位置にお飾りして完成です。
   (小道具類のつけ方を参照)
   ※ 屏風の中心を目安にして、人形・御道具を左右対称に飾りますと、きれいに飾れます。


≪3≫ 親王飾りの種類・飾り方


各部の名称
    <ご注意>
    収納の仕方は種類によって異なります。お出しになる前に確認しておくと便利です。
親王飾り・親王官女飾り 飾り方
   (1) 屏 風(びょうぶ)
   (2) 雪 洞(ぼんぼり)
   (3) 菱 台(ひしだい)
(4) 三 方(さんぼう) 
(5) 桜(さくら) 
(6) 橘(たちばな)

(7) 親王台(しんのうだい)
(8) 飾り台(かざりだい)



その他の飾り方
親王飾り・親王官女飾り 飾り方


≪4≫ 親王官女飾りの種類・飾り方


各部の名称
    <ご注意>
    写真のお人形・お道具・小道具は一例です。このほかにも、形・絵柄など違う種類があります。
親王飾り・親王官女飾り 飾り方


(1) 屏 風(びょうぶ)
(2) 雪 洞(ぼんぼり)
(3) 親王台(しんのうだい)
(4) 三 方(さんぼう)
(5) 菱 台(ひしだい)
(6) 桜(さくら) 
(7) 橘(たちばな)
(8) 高 坏(たかつき)
(9) 飾り台(かざりだい)
(10) 牛 車(ぎっしゃ)
(11) 御駕籠(おかご)
(12) 重 箱(じゅうばこ)


木製段の名称
    <ご注意>
    収納の仕方は種類によって異なります。お出しになる前に確認しておくと便利です。
  親王飾り・親王官女飾り 飾り方


(1) 棚 板(たないた)上段
(2) 棚 板(たないた)中段
(3) 棚 板(たないた)下段
(4) 幕 板(まくいた)上段
(5) 幕 板(まくいた)中段
(6) 幕 板(まくいた)下段
(7) 側 板(そくいた)
(8) 地 板(じいた)
(9) 横 棒(よこぼう)


◎取扱いのご注意

◎ひなおさめ

  親王飾り・親王官女飾り 飾り方
  1. お人形は、直射日光の当る場所には飾らないでください。衣裳の日焼け、色あせの原因となります。
  親王飾り・親王官女飾り 飾り方
  1. お人形やお道具は、天気のよい日に、羽根ハタキでほこりを良く払ってからおしまい下さい。
  親王飾り・親王官女飾り 飾り方
  1. お人形は、時折羽根ハタキをおかけ下さい。かわいくてきれいなお人形はほこりやよごれをきらいます。
  親王飾り・親王官女飾り 飾り方
  1. お人形の顔には薄紙をあてておしまい下さい。ダッシ綿や、布などでなく、チリ紙などのようなやわらかい紙で包んで下さい。
  親王飾り・親王官女飾り 飾り方
  1. お人形のお顔は赤ちゃんの肌と同じくらいデリケートです。特に、人の「手アブラ」を嫌います。お人形をお持ちになる時は、顔の部分には直接触れませんようにお願いします。できましたら手袋をご使用下さい。
  親王飾り・親王官女飾り 飾り方
  1. お人形を箱におおさめになるとき「つめ紙」を軽く入れて下さい。


  親王飾り・親王官女飾り 飾り方

  親王飾り・親王官女飾り 飾り方
  1. 防虫剤はパラゾール系のものは避け樟脳かナフタリンのどちらかをご使用ください(併用は絶対に避ける)。お人形やお道具に直接触れないように、紙などで包み、箱のすみに少量お入れ下さい(入れすぎにご注意ください)。お人形は湿気を嫌います。日カゲで、しかも乾燥した場所におしまいください。
※秋ごろの空気が乾燥した日に箱を開けて風を通すと、カビ等を防ぐのに効果があります。
親王飾り、親王官女飾りの飾り方、お手入れ方法|雛人形・五月人形・羽子板・破魔弓|人形の町 埼玉・岩槻の東玉(とうぎょく)
人形の東玉(とうぎょく)
埼玉県さいたま市岩槻区本町1-3-2
TEL.048-756-1111/0120-393501
FAX.048-757-3113
お問合せはこちら
※オンラインショップと総本店はサービス内容が一部異なります。ご了承下さい。