人形の町・岩槻の観光名所|埼玉・岩槻の雛人形・五月人形なら【人形の東玉】


お問合せはこちら
TEL.048-756-1111 
FREE.0120-393501 
東玉のこだわり
HOME > 東玉のこだわり・人形の町岩槻・岩槻観光名所
東玉のこだわり 人形の東玉

岩槻観光名所

名称・場所 見学最適期間 備考
杉並木・お成り街道 年間 日光に通じるお成街道、往時を忍ばせる杉並木が今も残されている。
慈恩寺 年間
さくらの開花時期
(3月末〜4月初)
板東33番札所の第12番札所として有名。天長年間(824〜834年)慈覚大師円仁が開山し周囲の風景が唐の大慈恩寺に似ているので、寺号とした。
玄奘塔 年間 『西遊記』で知られる玄奘三蔵法師の霊骨堂で、昭和25年に当時の大島見道氏によって建立された。霊骨塔は全国でここ1ヶ所で、ここから奈良の薬師寺に分骨された。
久伊豆神社 年間
初詣、七五三参り、諸祈願
さくらの開花時期
(3月末〜4月初)
埼玉県の『ふるさとの森と埼玉県自然百選』の1つに選ばれ、長い参道、境内には天然記念物の大榊(樹齢300年)もある。
愛宕神社 年間 岩槻城大構は岩槻城と城下町の周囲を取りまく土塁と堀を示し、岩槻城の外郭に当たるそれらが、愛宕神社周辺に僅かに残っている。
浄安寺 年間 岩槻藩士で儒学者の児玉南柯、岩槻藩・初代藩主高力清長の墓がある。ここの山門は江戸時代、槍返しの門と呼ばれ、田中口から移築した物と伝えられている。
時の鐘 年間 岩槻嬢の鐘楼で、寛文11年(1671年)、岩槻城主阿部正春が渋江口に設置した。その後50年を経て鐘にヒビが入り、享保5年(1720年)改鋳させ現在に至る。今でも、午前、午後の6時に澄んだ音を響かせている。
岩槻公園 年間
さくらの開花時期
(3月末〜4月初)
岩槻城の曲輪の部分に当たる。公園内には黒門と呼ばれる岩槻城の表門が保存されている。また人形塚があり、毎年11月3日に人形供養が行われる。
餘容館 年間
さくらの開花時期
(3月末〜4月初)
開館時間10:00〜16:00
(月曜休)
岩槻市に由緒の深い故中村餘容先生ご自身の(中村雛)書・画・詩文をはじめ、各名家の寄贈による宝書・古名画の貴重な文化財を後世に残すため私財を投じて建設された。
遷喬館 年間 寛政11年(1799年)、岩槻藩士児玉南柯が開設した私塾で、のちに藩校となる。県内で現存している、唯一のものである。毎週土・日曜日10時〜16時まで一般公開している。
郷土資料館 年間 昭和57年、市内の民具を中心とする民俗文化財の収集・保存、さらに市民文化の向上を目的として開設。岩槻警察署の旧庁舎を資料館として利用。
民俗文化センター 年間
電話048-757-8008
全国でただ一つの県立「わざの博物館」。民俗芸能・民俗工芸などの無形の技を実演・公開している。

人形の町・岩槻の観光名所|雛人形・五月人形・羽子板・破魔弓|人形の町 埼玉・岩槻の東玉(とうぎょく)
人形の東玉(とうぎょく)
埼玉県さいたま市岩槻区本町1-3-2
TEL.048-756-1111/0120-393501
FAX.048-757-3113
お問合せはこちら
※オンラインショップと総本店はサービス内容が一部異なります。ご了承下さい。