現在のカートの中

  • 合計数量: 0
    商品金額: 0円

営業日カレンダー ※赤字は定休日

3 / 2017
sunmontuewedthufrisat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
4 / 2017
sunmontuewedthufrisat
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

東玉の作り手たち(五月人形)
-東玉の職人・作家たち-

甲冑師:
武蔵 雅峰(むさし がほう)

  1. 昭和22年 埼玉に生まれる。
  2. 昭和41年 甲冑づくりの修業に入る。
    師は朝比奈朔太郎。
  3. 昭和59年 武蔵雅峰を名のる。
  4. 昭和62年 東京都伝統美術技法修得の表彰を受く。
  5. 平成 5年 第十六回全国新作節句人形コンクールにて文部大臣賞受賞。
  6. 平成11年 和紙小札シリーズ新作兜を発表。
  7. 平成13年 国宝・重要文化財鎧四領を制作発表。
  8. 平成19年 小札に蒔絵を施した素懸縅鎧を発表。
  9. 平成20年 染色家、工藤華織とコラボレーション。
    新作草木染鎧を発表。

厳しい修練によって育まれた伝統技法のなかに、現代感覚をとり入れる甲冑師。
鎌倉、南北朝時代の甲冑を中心に研究し、緻密な時代考証に基づく手づくりの技は、高く評価されています。

甲冑師:
小笠原 甲匠(おがさわら こうしょう)

  1. 昭和25年 静岡市に生まれる。
  2. 昭和43年 甲冑づくりの修業に入る。
  3. 昭和49年 甲冑師として独立する。
  4. 平成 6年 冑盛上金具を考案。
    独自の鎧兜を製作、発表する。
  5. 平成11年 和紙本小札、大鍬形之大鎧を発表。
  6. 平成13年 甲冑に飴色の白檀塗りを採用する。
  7. 平成16年 名将の鎧兜シリーズを発表。
  8. 平成19年 限定製作の新作鎧を発表し、大好評を博す。

日本男児の身を守り平和を守るシンボルとしての雛甲冑は、古くからある日本の伝統美です。
時代を生きた武士たちの美意識、造形美にこだわって、今後も技をみがいていきたいと考えています。

甲冑師:
加藤 峻成(かとう しゅんせい)

  1. 昭和53年 二月二十日東京都文京区に生まれる。
  2. 平成 8年 高校卒業後十八歳で、父峻厳のもと、甲冑製作の修行を始める。
  3. 平成17年 峻成を名乗る。(本名・一成)
    東玉で作品を発表する。
  4. 平成19年 現代感覚あふれるブロンズ小札 白糸威之兜を発表する。
  5. 平成20年 経済産業大臣指定の伝統工芸品江戸節句人形の伝統工芸士に認定。

父、峻厳の指導もと、江戸甲冑伝統の技法にこだわり、新たな作品を続々と発表する。
今後の業界を担う、新鋭の若手甲冑師。

              

ご利用について

東玉オンラインショップ

〒339-0057
埼玉県さいたま市岩槻区本町3-2-32(Googleマップ
オンラインショップ専用TEL:048-756-2822
FAX:048-757-3113