人形供養

龍村裂 tatsumuragiri

昔の紋様文化と、
想いをつなげる
龍村美術織物

おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さまへ。
歴史を感じる伝統的な織物に、
健やかに育ってほしいと想いを乗せて。

龍村裂の魅力

室町時代の「糸屋輪宝手いとやりんぽうで

現代ではめずらしい、経錦の織り方や幅の広いの織機を使用しています。
この方法にこだわるのは、生地の繊細さや柄の構成をきれいに出すため。
飛鳥時代や室町時代に使われていた柄を丁寧に復元し、雛人形に取り入れています。
龍村裂の丁寧な打ち込み技術によって、なめらかでありながらも折り密度が高い、強さのある正絹生地が出来上がります。
雛人形のお着物の曲線もきれいに仕上げることができるのです。

飛鳥時代の「鴛鴦唐草文錦おしどりからくさもんにしき

お雛さまの衣裳に使われている、京都龍村美術織物「鴛鴦唐草文錦」。
赤、緑、藍、黄、白、紫の色緯(いろぬき)を使用している、多彩華麗な錦です。
蓮のお花の上で花茎をくわえて向かい合う鴛鴦と、まわりの唐草の円輪の華麗さを経錦で表現しています。

室町時代の「早雲寺文台裂そううんじぶんだいぎれ

お殿さまの衣裳に使われている、京都龍村美術織物「早雲寺文台裂」。
地場を銀箔で埋め、緑・梅老茶・うす紅色等の色糸で撫子風の草花を蔓唐草に構成して織り出した、銀欄の裂地です。
この裂地がもつ渋さと豪華さの絶妙な調和をそこなわず、現代的工夫を加味して織り出しました。

伝統の文様を復刻した「美術織物」。
   雛人形をとおして、現代にも
受け継いでいきたい。

まごころと文化を伝え、
繋げていく雛人形

現代では、織物に触れる機会がどうしても少ないですが、お雛さまは、毎年飾って楽しむもの。
「雛人形が織物という文化に触れるきっかけになり、心が豊かになって育ってほしい」そんな気持ちが込められています。
また、雛人形はおじいちゃん、おばあちゃんや親御さまが、想いを込めて贈るものです。
昔の文化やご家族の気持ちが伝統文化とともに伝わっていきますように。

龍村美術織物の歴史について

明治27年
初代平藏、織物業を創業。
大正10年
正倉院宝物裂、名物裂などの研究に着手。
昭和4年
昭和天皇御即位大礼記録表紙裂謹織。
昭和29年
クリスチャン・ディオールの依頼を受け、名物裂など7点を制作。
昭和33年
初代平藏、紫綬褒章受章。
昭和44年
大阪万博に際しタペストリー「原爆」「平和」を制作。
昭和52年
パリ・オ・プランタンにて「龍村・大彦美術衣装展」を開催。
平成2年
今上天皇即位の礼に御使用裂を謹織。秋篠宮殿下・紀子妃殿下「納采の儀」用絹巻物謹織。
平成18年
四代平藏を襲名。
平成25年
『創業120年記念龍村平藏「時」を織る』を開催。全国4会場でのべ13万人が訪れる。歌舞伎座(第5期)緞帳制作。
平成27年
祇園祭大船鉾 前懸「紅地雲龍青海文」を復元。

龍村裂のおすすめ雛人形

龍村裂 全商品一覧

売れ筋順

条件を選択して並べ替え

  • 幅(広い順)
  • 幅(狭い順)
  • 価格(安い順)
  • 価格(高い順)
  • 新着順
  • 全9件
  • 表示件数