喜久絵 kikue

心くすぐるかわいらしさ
女の子のしあわせを願って。

自然と笑みがこぼれる、
あたたかな気持ちになれるおひなさま。
桃の節句にやわらかな彩を添えています。

喜久絵の魅力

雛祭りの主役、女の子の目線に立って
かわいらしさを形に、
そばに置いておきたいお人形を

「飾っていて思わず笑みがこぼれるような、そんな可愛らしいお雛さまを作りたい」そんな想いを込めて作り上げたお人形です。
喜久絵のお顔は、東玉でしか作られていないオリジナル。
見る人を惹きつけるガラスの目が入った、ぱっちりとした目を表現しました。
赤ちゃんのような可愛らしい、でもどこか凛とした雰囲気のお顔が出来上がりました。

生き生きとした表情と、
匠の技で

全国でも数少ない、木目込人形の「節句人形工芸士」の認定をもつ高い技術と、女性らしい感性によって、喜久絵にしか作れないおひなさまを生み出しました。
金彩が入った、七五三などでよく着られる着物をイメージしています。
お祝いの嬉しさや華やかさを表現し、かわいらしさを出しながらも、雛人形の品がある、絶妙なバランスです。

常に現代の生活空間を意識しながら、
   毎年飾るのが楽しみになるお人形を。

長い時間愛し続けてもらえる
お人形であることを意識して

伝統的な雛人形を作る中にも、モダンな雰囲気を取り入れる。
リビングにも映えるお雛さまを意識して、色合わせやバランスを考えています。
「お雛さまは女の子の一生の宝物」
時代を超えて親しまれる雛人形を作る想いが込められています。

人形作家 喜久絵について

昭和45年
東玉工房に入門し風俗人形作家の戸塚玉芳に師事する
昭和60年
工芸作家 鈴木賢一に師事。江戸木目込人形の製作に従事する
平成元年
雛人形師藤比呂泰のもと有職親王雛の製作を学ぶ
平成5年
東玉工房コーディネートアドバイザーに就任
平成12年
東玉工房女流作家として喜久絵シリーズを発表
平成16年
節句人形工芸士に認定される
平成23年
草木染衣裳を取り入れたシリーズを発表
平成28年
夢色シリーズ発表
令和元年
CARIAシリーズ発表

喜久絵のおすすめ雛人形

喜久絵 全商品一覧

売れ筋順

条件を選択して並べ替え

  • 幅(広い順)
  • 幅(狭い順)
  • 価格(安い順)
  • 価格(高い順)
  • 新着順
  • 全12件
  • 表示件数