ちりめん京錦

ちりめん京錦

“ちりめん京錦”は、平成2年日本画家徳永春穂により錦鯉をモチーフに描いて誕生した初代京錦が原点となります。黒鯉(真鯉)、赤鯉(緋鯉)の定義を覆し、黒鯉に赤や紫を配し、赤鯉や青鯉にも独特の色合いを使い本物の錦鯉を再現しています。新たな京錦である“ちりめん京錦”はその実績を元に、和の心を表現すべくちりめん素材を使用し、独特の風合いと重厚な色合いに仕上げ、その上にアルミ金箔を扇状に配しました。吹流しには吉兆柄の朱雀(不死鳥)を連想した縁起の良い鳳凰を彩色豊かに描いています。

売れ筋順

条件を選択して並べ替え

  • 幅(広い順)
  • 幅(狭い順)
  • 価格(安い順)
  • 価格(高い順)
  • 新着順
  • 全14件
  • 表示件数