TOP > 五月人形|木目込人形・甲冑の通販サイト > 五月人形コラム > 五月人形の知識 > 買う前に知っておきたい後悔しないお祝い選び。五月人形とはどんな意味を持つのか?

買う前に知っておきたい後悔しないお祝い選び。五月人形とはどんな意味を持つのか?

2023年12月20日

五月人形の知識

買う前に知っておきたい後悔しないお祝い選び。五月人形とはどんな意味を持つのか?

「端午の節句(こどもの日)」に飾る五月人形とは、その昔戦が絶えなかった戦国時代に由来します。
その頃は武士の家に男児が生まれると玄関に「幟(のぼり)」などを飾ったり、男の子に鎧兜を贈る風習などもあったと言います。

江戸時代には、武士が身を守るための鎧や兜は強さの象徴として、そして男児の厄除けのお守りとして飾るしきたりとなり、現代に伝わってきました。
今では5月5日の「端午の節句」には、鎧兜飾りや鯉のぼりを飾り、男の子の健やかな成長を願い、家族でお祝いをします。

五月人形とは、その種類や飾り方のタイプでいくつかにわけられます。
こちらの記事では、五月人形とはどんな意味をもつものなのか、どういった種類があるのかをご紹介します。

お子さまやお孫さまの初節句の贈りもの選びの参考になりますように。

「五月人形は我が子の成長を願う飾り」東玉の五月人形はこちらから
東玉の五月人形を詳しく見る:五月人形TOPはこちら東玉の五月人形を詳しく見る:五月人形TOPはこちら
五月人形カタログバナー

五月人形とは「鎧飾り」「兜飾り」「武者人形(子供大将飾り)」などを指す端午の節句に飾るお守りです

五月人形をお選びになる前に、先ずどのようなお飾りにするのかをお決めいただくことが大切です。
五月人形とは「鎧飾り」「兜飾り」「武者人形」に大きく分けられます。

鎧飾りとは

五月人形を飾った様子

ご長男の初節句の五月人形をお探しで、飾るスペースが十分にあり予算的にも余裕がある場合は、鎧飾りをおすすめします。
鎧飾りとはその名の通り、昔の武将たちが戦の際に身に着けていた鎧をモチーフにして作られた五月人形です。

鎧は時代によって様々に形が変わってきました。平安から室町時代には「大鎧」という主に騎馬用の形式が使われていましたが、やがて「腹巻」「胴丸」といった徒歩用の武具が使われるようになり、「南蛮甲冑(なんばんかっちゅう)」や「当世具足(とうせいぐそく)」と呼ばれる活動的な鎧なども作られていたようです。
それぞれの鎧の作り方や使う材料は歴史の中で変化してきました。現在の五月人形として飾る鎧飾りも、その素材や技法は作家さんや職人さんによって様々です。

鎧は何と言っても、全身を守るものです。
五月人形の由来が雛人形と同様に、お子様を災いや病気から守る「身代わり」的な役割から来ていることを考えれば、男の子の人生において幅広くお守りいただくために、鎧飾りをお選びになるのがよいと思われます。

東玉では男の子の端午の節句にふさわしい鎧飾りを豊富に取り揃えておりますので、ぜひこちらよりご覧ください。

  • 木目込鎧飾り 風 「白風」:布地はすべて正絹を使用し、「沢瀉(おもだか)」の模様と胸元(弦走り)部分に施された手金彩菖蒲柄がコンパクトながら豪華さを際立てています。鍬形は彫付き木製、本金箔貼りで仕上げられています。これまでの金具仕上げの五月飾りにはない重厚な趣が感じられます。

商品詳細

木目込鎧飾り 風 「白風」

木目込鎧飾り 風 「白風」

140,800円(税込)

幅39×奥行23×高さ36cm

  • 木目込兜飾り 奏 「天音」:青い吹返しが高貴な印象を与える兜です。鍬形はマグネット式で簡単に取り外せるので収納時もコンパクトです。屏風の花菖蒲は端午には欠かせないお花です。

商品詳細

木目込兜飾り 奏 「天音」

木目込兜飾り 奏 「天音」

92,400円(税込)

幅28×奥行28×高さ32cm

  • 草木染 鎧飾り「5号 極翔」:草木染で染めた紫のグラデーションが美しい鎧飾り。袖や佩盾(はいたて)の裂地には龍村美術織物『五葉華文』をつかい、優美で格調高い仕上がりとなっております。屏風の両袖に入った藍染の青海波柄は無限に広がる穏やかな波のように過ごせるようにとの願いが込められております。

商品詳細

草木染 鎧飾り「5号 極翔」

草木染 鎧飾り「5号 極翔」

300,300円(税込)

幅60×奥行40×高さ55cm

東玉では男の子の端午の節句にふさわしい鎧飾りを豊富に取り揃えておりますので、ぜひこちらよりご覧ください。

五月人形鎧飾りで選ぶ

関連記事:「五月の節句「端午の節句」は男の子を鎧兜や菖蒲湯で守る意味があります」

関連記事:「端午の節句のお飾りを五月人形の種類別に解説」

関連記事:「五月人形の兜や鎧の種類を知って、お子様の初節句にそなえましょう」

兜飾りとは

ご長男に鎧を買われたのであれば、次男の方には兜飾りをおすすめいたします。
兜飾りとは、鎧飾りの兜の部分と弓太刀を飾る五月人形で、鎧よりもパーツが少ないため、比較的コンパクトかつ簡単に飾ることができます。

現代では、名将と呼ばれる武将の兜や鎧を模した形の五月人形が好まれる傾向が強いようです。
最近の鎧兜は、プラスチックを使って全体を軽く作れることから、お子様が実際に着用出来る兜や鎧も作られていて人気となっています。
楽しい「こどもの日(端午の節句)」の思い出に兜を被っての写真撮影はいかがでしょうか。

東玉では様々な種類の兜飾りを取り揃えておりますので、こちらよりご覧ください。

五月人形兜飾りで選ぶ

東玉のオリジナル兜が多数ございますが、特に人気のシリーズをいつくかご紹介します。

峻成 彩り

「自然の豊さをモチーフに」というコンセプトの元に、作られた兜です。現存する兜や文献を参考にしながら配色にこだわりました。一般的には黒が多い兜鉢・小札板にも複数の色を施し、全体の一体感を演出しています。

  • 峻成・彩り 兜飾り「大地」:重厚感のある茶塗の兜に、吹き返しに龍村裂を使用した品格のある兜飾りです。飾り方も「屏風飾り」とコンパクトに飾れる「衝立飾り」と2通りの飾り方が楽しめます。彩り兜シリーズでは一番の人気になっています。

商品詳細

峻成・彩り 兜飾り「大地」

峻成・彩り 兜飾り「大地」

155,100円(税込)

幅32×奥行33×高さ33cm

  • 峻成・彩り 兜飾り「緑樹」:鉢や小札に緑色を用いた兜です。「地に根を張り種をつくる強い生命力を持つ“緑樹”のような人に」と願いを込めて制作しました。吹き返しに龍村裂を使用した品格のある兜飾りです。飾り方も「屏風飾り」とコンパクトに飾れる「衝立飾り」と2通りの飾り方が楽しめます。
  • 商品詳細

    峻成・彩り 兜飾り「緑樹」

    峻成・彩り 兜飾り「緑樹」

    151,800円(税込)

    幅55×奥行35×高さ30cm

    東玉五月人形人気シリーズ峻成彩りリンク

    別所実正

    機械製作が主流になっている兜鉢などのパーツや小さな金具も、実正は全て手仕事で作り上げています。
    真っ直ぐすぎないちょっとした歪みも、兜が使われていた当時の雰囲気や手仕事ならではの味を出してくれます。
    また、当時の兜の作り方は、文献としてほとんど残っていません。
    博物館に足を運び、実際の兜を目で見て研究を重ね、どのように作られているか考えた上で作られています。

    • 別所実正 金屏風飾り「6号 新総唐草」:別所実正は、江戸甲冑師の中でも彫金を始めとした最上級の技術と妥協をゆるさない姿勢が高く評価されています。綿密な時代考証を背景に独自の世界観を生かした甲冑を世に送り出しています。新総唐草の兜は、鉢正面の「シロ」と言われる部分に唐草の透かし彫りを付けていることが最大の特徴です。唐草柄は、つるが四方八方に伸びてゆく様子が生命力の象徴とされています。サイズ感としては、コンパクトの分類になりますが、細かい部品ひとつまでこだわりを持って製作されています

    商品詳細

    別所実正 金屏風飾り「6号 新総唐草」

    別所実正 金屏風飾り「6号 新総唐草」

    342,100円(税込)

    幅55×奥行33×高さ40cm

    • 別所実正 兜飾り「5号 金龍頭立」:別所実正は江戸甲冑師の中でも彫金を始めとした最上級の技術を持ち、妥協をゆるさない姿勢が高く評価されています。綿密な時代考証を背景に独自の世界観を生かした甲冑を世に送り出しています。金龍前立の兜は、龍頭と呼ばれる前立が最大の特徴です。龍頭は10個以上の真鍮製のパーツを手作業で組立・接着した後に純金鍍金をした実正独自の龍頭です。程よいサイズ感・鍍金の美しさも合わさり人気の兜です。

    商品詳細

    別所実正 金屏風飾り「5号 金龍頭立」

    別所実正 金屏風飾り「5号 金龍頭立」

    392,700円(税込)

    幅70×奥行40×高さ51cm

    東玉五月人形人気シリーズ別所実正リンク

    関連記事:「戦国武将「伊達政宗」の五月人形 兜に輝く三日月!」

    関連記事:「上杉謙信の兜飾り!人物像や逸話から、兜の特徴的な日月の前立の意味まで解説」

    関連記事:「男の子の節句「端午の節句」の飾りの一番人気は「兜飾り」」

    関連記事:「五月人形も、兄弟一人に一つずつ必要です。」

    子供大将飾り

    五月人形を飾った様子
    子供大将飾りとは、鎧兜飾りとは違い「お人形の形」をした五月人形のお飾りです。
    一昔前には「大将飾り」というお顔のついている「武者」の飾りが流行しましたが、今はあまり作られていません。
    現在では、小さい男の子が勇ましい武将や童話の主人公の格好をした、可愛いお顔の微笑ましい「子供大将飾り」が人気があります。

    端午木目込人形

    東玉では、柔らかな色合いと素材感で優しい印象を持つ「端午木目込シリーズ」の五月人形をご用意しております。
    このシリーズは岩槻の伝統技法「木目込」で作られた東玉オリジナルの五月人形で、大変ご好評いただいております。

    • 端午木目込人形 「皐月童 陸」:端午木目込人形シリーズの健康優良児「陸(りく)」。可愛いけれど堂々とした男児です。きりっと結んだ口元、もちもちのボディーは、生まれて間もない赤子の生命力が感じられます。名前の「陸」は大地のように堂々とした男子にご成長されるよう願いを込め命名いたしました。

    商品詳細

    端午木目込人形 「皐月童 陸」

    端午木目込人形 「皐月童 陸」

    126,500円(税込)

    幅28×奥行25×高さ27cm

    • 端午木目込人形 「皐月童 凜」:「五月人形の新しい風」・端午木目込人形シリーズのなかで人気No.1 皐月童・凜(りん)。我が子を想わせる可愛い表情が人気です。造形は、幼子が太刀を手に凛々しく空を見上げる「動」の瞬間を切り取った東玉工房オリジナルの原型です。飾るほどに愛着が増す新しい五月人形です。

    商品詳細

    端午木目込人形 「皐月童 凜」

    端午木目込人形 「皐月童 凜」

    143,000円(税込)

    幅42×奥行28×高さ29cm

    • 端午木目込人形 「皐月童 航」:えくぼが可愛い表情で、槍を持ち見得を切ったような子どもの躍動感あふれる一瞬を切っとった造形です。背後の衝立は、男児の節句飾りに縁起の良い「蜻蛉」(とんぼ)と「沢瀉」(おもだか)のデザインです。

    商品詳細

    端午木目込人形「皐月童 航」

    端午木目込人形「皐月童 航」

    176,000円(税込)

    幅45×奥行32×高さ36cm

    東玉五月人形人気シリーズ端午木目込人形リンク

    関連記事:「岩槻の五月人形は300年の歴史に積み重ねられた匠の技に支えられています」

    関連記事:「武者人形は武者姿の子供の人形で、子供のお守りです」

    コンパクトな五月人形が人気の理由とは?

    「端午の節句」のお祝いのやり方は様々です。
    昔は大きな鎧兜飾りを飾って、親戚や近所をお招きして跡取りが生まれたことを盛大にお祝いしたものです。
    現在では核家族が増え、住環境の変化によって大きな五月人形を飾ることがなかなか難しなり、コンパクトな五月人形が好まれる傾向にあります。

    生活様式の変化で和室がない住宅も多くなり、最近では洋室にも合うケース飾りや収納飾りに人気が集まっています。
    五月人形には男の子の縁起ものとして、龍・虎・鷹などの立身出世を象徴する生きものをモチーフにした飾りや、脇飾りとして弓矢や刀を飾る場合が多いです。中には太鼓を前面に飾ったものなどもありますが、だんだんと洋風イメージの五月人形が好まれるようになり、今では幾何学模様をあしらった屏風や台、LEDライトを使った商品なども多く販売されています。

    収納の兜飾りは、飾っている時だけでなく、しまっている期間も場所をとらないことが一番のおすすめポイントです。
    マンションなどの収納場所のお悩みを解決してくれる人気の商品です。

    • 収納 兜飾り「12号 悠銀」:銀で統一されたとても魅力のあるコンパクト収納セットです。鍬形は立体仕様で勇ましさを演出し、吹返しには龍の彫金を施しています。

    商品詳細

    収納 兜飾り「12号 悠銀」

    収納 兜飾り「12号 悠銀」

    130,900円(税込)

    幅45×奥行31×高さ54cm

    • 収納 着用飾り「25号家康・陣羽織」:シックな黒塗の収納箱に、オリジナルの三歳用陣羽織を飾る独特で品のあるお飾りです。お子様が三歳になった時、兜を被り、太刀を持ち、陣羽織を着て記念写真を撮ることをイメージして製作いたしました。袱紗と前立に葵紋があるのが特徴の兜です。

    商品詳細

    収納 着用飾り「25号家康・陣羽織」

    収納 着用飾り「 25号家康・陣羽織」

    185,900円(税込)

    幅55×奥行49×高さ91cm

    五月人形収納飾りで選ぶ

    関連記事:「五月人形の飾り方は、鎧や兜で違います。」

    五月人形をお祝いに贈るのは「祖父母」とは言いますが現在では変化も

    以前は、五月人形を購入するのは母方の祖父母となる場合が多かったようですが、最近では両家の祖父母で折半したり、雛人形は母方、五月人形は父方のように分担して購入する場合もあるようです。

    お孫さん、特に長男の初節句として選ばれる五月人形は、やはり本格的な鎧飾りをおすすめします。

    お父さんの、あるいはお兄ちゃんのなど五月人形のお下がりはお勧めできません。生まれてきたお子さんのための五月人形をご準備してください。いずれにしろ五月人形は、どなたが購入するかということには特にこだわらずに、お子さま、お孫さまの健やかなご成長を願って飾り、ご家族で楽しい端午の節句を過ごすことが一番大切なことでしょう。

    関連記事:「五月人形は「誰が買う」?地域と風習によって違いがあります」

    関連記事:「五月人形も、兄弟一人に一つずつ必要です。」

    五月人形を購入するのに3月初旬から4月中旬が良い理由とは?

    五月人形

    五月人形の購入時期とは

    3月3日のひな祭りが終わると人形専門店をはじめ、人形を取り扱うお店の店頭に五月人形が並べられるようになります。
    その時期ですと五月人形の種類や商品の数が最も多く揃っているので、お好みのものを購入するには一番良い時期だと思います。

    人気のある五月人形は早めに購入しないと売り切れてしまう可能性があります。
    五月人形というのは、量産品ではなく手作りのものなので、一度売り切れてしまうと同じものは手に入りにくいのです。ひな人形も手作り品ですが、それにもまして、五月人形の鎧・兜は手間がかかるのです。ずれない様に細い穴に紐を通したり、兜の鍬形を手作業で切り出し形を整えたりと、工程は様々です。作家さんが作る鎧・兜は、全部を一人で仕上げたりと、”ひな人形”に比べると、時間と手間がかかるのです。
    関連記事:「五月人形のご購入は、長く飾るために早めに準備しましょう!」

    五月人形を飾る時期と注意点とは

    一般的に五月人形は、3月の春分の日を過ぎたあたりから4月中旬までに飾ることが多いようです。五月人形は金属部品を多く使って作られており、湿気に弱くサビが出やすいので、お天気のよい休日に家族みんなで飾るのがいいでしょう。

    飾る際には必ず手袋を着用しましょう。人の手脂もサビの原因となってしまいますので、特に五月人形の金属部分は素手で触らないようにしてください。

    関連記事:「五月人形を飾る場所は直射日光とエアコンを避ける!」

    五月人形をしまう際の注意点とは

    端午の節句のお祝いが終わり、五月人形を収納する際も、天気の良い日を選んでしまいましょう。
    梅雨が近づくと湿度が高くなるので、なるたけ5月中旬までに片付けるといいでしょう。
    その時にも手袋を着用して作業し、箱の中には適量の人形用の防虫剤や除湿剤を五月人形に直接触れないように入れましょう

    関連記事:「次の節句までしまう兜は「湿気」が大敵!」

    孫にもパパ&ママにも喜ばれる贈りものに最適な五月人形とは?

    五月人形を飾った様子

    お孫さんの初節句の贈りものとして喜ばれる五月人形は、最近で言うとやはり戦国武将の甲冑をモチーフにした鎧兜でしょう。

    その時にどの名将の鎧兜を選ぶかなのですが、特に好みの武将がいない場合は、住んでいる地域ご当地の英雄をモデルにした五月人形を好んで選ばれる方が多いようです。
    例えば、宮城であれば伊達政宗、山梨県であれば武田信玄や真田幸村、静岡県であれば徳川家康、愛知県であれば織田信長、新潟県では上杉謙信や直江兼続をモチーフにした五月人形ということになります。

    • 収納 着用飾り「 25号上杉・陣羽織」:シックな黒塗の収納箱にオリジナルの三歳用陣羽織を飾る独特で品のある商品です。お子様が三歳になった時、兜を被り、刀を持ち陣羽織を着て記念写真を撮ることをイメージして制作いたしました。お子様との思い出がより一層深まることだと思います。兜は、上杉謙信公をモデルとしており、日輪の部分には龍の細工が施されております。上杉謙信公は戦でほとんど負けなかったことから軍神とよばれていたそうです。

    商品詳細

    収納 着用飾り「 25号上杉・陣羽織」

    収納 着用飾り「 25号上杉・陣羽織」

    183,700円(税込)

    幅55×奥行49×高さ91cm

    • ケース入り 兜飾り「彫金徳川」:ここ最近、伊達政宗に加わり上杉謙信の兜が人気急上昇でありましたが、昨年より根強い徳川家康の兜が再び人気が上がってきております。天下泰平の世を築いた徳川家康は駿河から関東、茨城、栃木と広い地域で人気があります。六角形ケースの前面にアクリル板を使用して、本来必要な枠が2本取れて兜がスッキリと見えます

    商品詳細

    ケース入り兜飾り「彫金徳川」

    ケース入り兜飾り「彫金徳川」

    101,200円(税込)

    幅49×奥行32×高さ35cm

    東玉五月人形人気シリーズ戦国武将リンク
    武家社会の五月人形は、家の跡取りの男の子が生まれたことを近隣に知らせる役割もありました。
    特になかなか跡取りが出来なかった家では、男の子が生まれたときの喜びは非常に大きかったと思います。

    そのため初節句には、近所や親族をお招きし盛大にお祝いするのが慣例でした。
    庭に大きな鯉のぼりを飾るというのも男の子の元気で立派な成長を願うだけでなく、家が安泰であることを周囲に知らせる意味もあったのでしょう。

    最近は、端午の節句のお祝いのやり方や五月人形を飾る意味合いも時代の変化とともに変わってきているので、コンパクトに更にはおしゃれに飾れる五月人形も増えていますので、お子さまやお孫さまにぴったりの五月人形が見つけられることと思います。

    「五月人形は我が子の成長を願う飾り」東玉の五月人形はこちらから
    東玉の五月人形を詳しく見る:五月人形TOPはこちら東玉の五月人形を詳しく見る:五月人形TOPはこちら
    五月人形カタログバナー

    ページトップへ