東玉の匠

「人形をつくる」ということ

祈り、感謝、希望、願い
「人形づくり」は、そんな人々の想いに寄りそう仕事です
創業170年へ、東玉は日本の心と共に歩み続けます

東玉の作り手たち

甲冑師:小笠原 甲匠

おがさわら こうしょう

 

日本男児の身を守り平和を守るシンボルとしての雛甲冑は、古くからある日本の伝統美です。
時代を生きた武士たちの美意識、造形美にこだわって、今後も技をみがいていきたいと考えています。

昭和25年

静岡市に生まれる。

昭和43年

甲冑づくりの修業に入る。

昭和49年

甲冑師として独立する。

平成6年

冑盛上金具を考案。
独自の鎧兜を製作、発表する。

平成11年

和紙本小札、大鍬形之大鎧を発表。

平成13年

甲冑に飴色の白檀塗りを採用する。

平成16年

名将の鎧兜シリーズを発表。

平成19年

限定製作の新作鎧を発表し、大好評を博す。

甲冑師:加藤 峻成

かとう しゅんせい

 

父、峻厳の指導もと、江戸甲冑伝統の技法にこだわり、新たな作品を続々と発表する。
今後の業界を担う、新鋭の若手甲冑師。

昭和53年

2月20日東京都文京区に生まれる。

平成8年

高校卒業後18歳で、父峻厳のもと、甲冑製作の修行を始める。

平成17年

峻成を名乗る。(本名・一成)
東玉で作品を発表する。

平成19年

現代感覚ブロンズ小札之兜を発表。

平成20年

経済産業大臣指定の伝統工芸品 江戸節句人形の伝統工芸士に認定。

平成28年

現技術の最高傑作「極兜」を発表。

甲冑師:加藤 鞆美

かとう ともみ

 

日本甲冑武具研究保存会会員
日本伝統工芸甲冑士一号
東京都知事指定伝統工芸士

昭和9年

東京都滝野川に生まれる。
先代加藤一冑(いっちゅう)の次男、幼少の頃より祖父と父と共に、仕事場に座っていた。
後に父一冑の作った資料を再編集し、現代の素材、技術、技法を取り入れ、縮尺されていても実物の雰囲気を崩すことなく、洗練された逸品を創り続けている。

京都府立文化博物館蔵「平治物語絵巻」立体復元の鎧武者は、現代の傑作と評されている。

甲冑師:鈴甲子 雄山

すずきね ゆうざん

 

四代目まで続く名門甲冑工房。
機会あるたびに、日本全国に所蔵される鎧、兜を現地に赴き、調べ研究精進を重ねている。
また、壱三の名前で、わんぱく大将シリーズを作成し甲冑師としてだけではなく、人形師としての一面も併せ持つ。

昭和61年

第9回新作節句人形コンクールにて内閣総理大臣賞を受賞。

平成4年

第15回新作節句人形コンクールにて内閣総理大臣賞を受賞。

平成16年

経済産業大臣指定、節句人形工芸士に認定。

平成18年

四代目雄山襲名。

甲冑師:別所 実正

べっしょ じっしょう

 

平安時代から江戸末期までの甲冑、刀剣の研究に専念し、彫金切りまわし、鍛金等の技法を用いて甲冑の製作に取り組んでいる。

昭和29年

東京浅草に生まれる。

昭和47年

甲冑製作に従事。
師は二世実正父親である。

昭和58年

独立。
三世別所実正を襲名する。

平成5年

川越喜多院所蔵 長持彫金金具修理。

平成11年

伝楠木正成公具足
三鍬形前立之兜付胴丸具足製作。

平成13年

徳川家康公「大黒頭布形兜」
豊臣秀吉公「黒漆馬蘭之兜」
黒田長政公「黒漆銀箔押之兜」を製作発表する。

平成16年

オリジナル前立の創作兜を発表。

平成19年

コンパクトタイプの伊達政宗公 兜を発表。

平成21年

石川県小松市「多太神社宝物の齋藤実盛の兜」を模写複製。

平成29年

さいたま市「東玉」で初の個展。