人形供養
TOP > スタッフブログ > レジ袋有料化から一ヶ月

レジ袋有料化から一ヶ月

2020年7月31日

スタッフブログ

レジ袋有料化から一ヶ月

皆様こんにちは。
2020年7月1日からレジ袋有料が義務化されて早くも1か月。エコバッグ、お持ちですか?
私はと言うと、7月1日レジ袋の有料化開始早々、総本店からすぐの100円ショップに、経費袋のみ小脇に抱えてトイレ掃除用具を買い出しに行ってしまい、かといって会社の経費でレジ袋を買うわけにもいかず、帰り道にはトイレブラシを丸見えの状態で手に握りしめて歩くこととなってしまいました。悪いことはなにもしていないのに恥ずかしい思いをしました。これはハプニングでしたが、プラスチックごみ削減には協力的でありたいという姿勢でおります。
先だって、レジ袋は全体のプラスチックごみの約2〜3%にしかあたらない、と報道番組が伝えていました。開始以前より世間を騒がせていたこのレジ袋有料化ですが、現実に有料となって一ヶ月経ってみると、普段生活する上で意識改革をすすめるという点では、効果は決して小さくはない、というのが感想です。

そして、ここ人形の東玉も例外ではありません。1階で小物のお買物をしていただいたとき、ビニール手提げは有料義務化の対象となります。
レジ脇に価格表示をさせていただき、お会計の際には、スタッフからお客様に要不要をお伺いしております。

さて!当店の小物コーナー、お菓子コーナーでは、有料化以前から多くのお客様がビニール手提げをご辞退くださっていました。それは環境がどうこうプラスチックごみがどうこうという方ばかりではなく、むしろ当店への気遣いの結果としてご辞退くださる方も多く、非常にありがたいことと受け止めておりました。有料化された今はそれに気づきにくくなりますが、ビニール袋代を支払う側になっても、いただく側になっても、これまで通りの背景に敏感であれたらと思います。

ひとつひとつは小さな小さな積み重ねではあり、有料化に対する賛否両論はどこまでも続いていきそうではありますが、大人の事情はどうであれ、子どもたちの未来に住みやすい地球でありますようにと、願うばかりです。

ページトップへ