人形供養
TOP > スタッフブログ > 良いランドセルとの出会いを

良いランドセルとの出会いを

2020年6月5日

スタッフブログ

良いランドセルとの出会いを

皆様こんにちは。東玉総本店は、毎週土日になると、来年小学生になるお子様とご家族でたいへん賑やかになります。ラン活もいよいよ後半戦となり、受注可能数残りわずかのランドセルも出始めました。

さて、どのご家庭にもランドセルを選ぶ時に小さなドラマが生まれます。
先日は、小柄な女の子のママが軽いランドセルを希望してのご来店。しかし娘ちゃんは店内でいちばん丈夫な(=重さもある)牛革の萬勇鞄クローネティアラに一目惚れしてしまっていて、ママはたいへんお悩みでした。私もお話をさせていただきましたが、ママの娘ちゃんを思うお気持ちが痛いくらい伝わってきました。買ってあげたいけどこの子には重いんじゃないかしら…と。

しかし軽いランドセルなら華奢な女の子の身体でも負担なく背負えるのかというと、一概にそうではないのが難しいところ。

大切なのは、ランドセル本体の重量ではなく、荷物を入れて背負ったときに本人がいかに軽く感じて歩けるかということです。本体が軽いランドセルでも、荷物を入れて長時間歩いたときに肩や腰に負担がかかるものは避けたいですよね。それには現時点で身体にフィットするよう背負えているかをきちんとチェックすることも重要です。

先程の萬勇鞄が娘ちゃんの身体にぴったりとフィットしたことを確認し、ママも最終的には「ランドセルの400gの重さの差は、この子が背負ったら400gの差ではなくなって、体感では例えば200gくらいに縮まるということですね」と。その通りです!
ちょっとくらい重くてもお気に入りのランドセルで学校に通いたいという娘ちゃんの強い意志を確認し、ママはご購入を決断されました。

ランドセル選びのドラマはご来店の前から始まっていて、東玉で繰り広げられるシーンは、ほんの一部にすぎません。
私達スタッフは、ランドセル売場の登場人物として加えていただき、より良いランドセルとの出会いをお手伝いしたいと願っています。

デザイン・機能性・耐久性・素材・フィット感、ランドセルには様々な要素が絡み合います。何を優先させるかでもランドセル選びは変わってきます。
総合的に判断してお子さんが6年間楽しく通えるベストなランドセルを選びましょう!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東玉ではランドセルのInstagramを開設しています。ぜひ記事もご参考に。
https://www.instagram.com/p/CAUzUdhAZtH/?igshid=1fevpfjb8x20b

  

ページトップへ