TOP > スタッフブログ > 蜻蛉(とんぼ)は「勝ち虫」

蜻蛉(とんぼ)は「勝ち虫」

2021年4月30日

スタッフブログ

蜻蛉(とんぼ)は「勝ち虫」

皆さまこんにちは。

突然ですが、蜻蛉(とんぼ)が「勝ち虫(かちむし)」と呼ばれるのをご存じでしょうか。素速い動きで虫を捕らえ、常に前を向き、一旦空中で静止し周りの様子を見て、またすぐに前に進む。決して後退せず、前進あるのみ。不退転(信念を持ち物事に屈せず)の精神と、勝利を呼び込む縁起のいい虫として、戦国時代の多くの武将たちが、武具に絵柄を用いました。今でも剣道などの武具にもとんぼの柄が用いられています。

さてさて、実はとんぼは五月人形のモチーフとしても多く使われています。
例えばこちら。
大将飾り
また、こちら。
兜飾り
(こちらは東玉オンラインショップでもご購入いただけます。)

端午の節句も5日後に近づいてきました。
緊急事態宣言のさなか、対象地域でなくても緊張感のある毎日をお送りの方が多いことと思います。GWを活動的に楽しむのもまた一年先送りになりそうです。
そんななかでも、気持ちは前へ前へ。いつでもとんぼの動きのような心持で毎日を過ごしたいものです。

おうちに男の子がいなかったとしても、端午の節句の意味をもう一度見直してみるきっかけにするのもいいかもしれませんね。何をしていいかわからないよという方は、季節の食材を取り入れて縁起のいいものを食べてみるだけでもいいのです。
関連記事:こどもの日のレシピは「簡単おいしい」特別なごちそうでみんなでお祝いしましょう!

2021年5月5日。災厄や病から身を守り、健康と幸せを願う一日にいたしましょう!
お節句の人形に携わる私たちからも、皆さまの健康と幸せを心よりお祈り申し上げます!

ページトップへ