TOP > 五月人形オプション品 > 鯉のぼり > 鯉のぼりコラム > 鯉のぼりの由来や意味は? 端午の節句とともに武家と庶民文化に生まれた日本独自の文化

鯉のぼりの由来や意味は? 端午の節句とともに武家と庶民文化に生まれた日本独自の文化

2021年4月20日

鯉のぼりコラム

鯉のぼりの由来や意味は? 端午の節句とともに武家と庶民文化に生まれた日本独自の文化

5月5日の端午の節句、お子さまがいる家庭では「鯉のぼり」を立て飾ります。

しかし最近では住宅事情の変化のために、特に都会では大きな鯉のぼりを見かけることは減ってきています。

部品の組み立てが難しそう・・・と思われがちな鯉のぼりですが、改良が重ねられ以前より簡単に飾り付けができるよう工夫もされてきています。
ベランダ用や屋内用の鯉のぼりが多く販売されるようになり、折り紙などで折った鯉のぼりを飾る方や、まったく飾り付けないというご家庭もあるようです。

鯉のぼりは日本独自の伝統文化です。そのため最近では鯉のぼり文化についての見直しが進められており、全国各地で鯉のぼりに関わる様々な行事が催されるようになっています。

しかし、なぜ端午の節句に「鯉のぼり」を飾るようになったのでしょうか?
その由来を知っておくと、お子さまと鯉のぼりを飾り付けるときや、鯉のぼりイベントに参加する際に、さらに楽しくなるのではと思います。

「こどもの日」と「端午の節句」にみる鯉のぼりの由来

鯉のぼり画像

鯉のぼりの由来を知るには、まず「こどもの日」と「端午の節句(たんごのせっく)」について理解する必要があります。

現在「こどもの日」と「端午の節句」は、現在は同じ日の行事を指していることが多いのですが、この2つは由来も意味も異なるものです。

「こどもの日」というのは、1948年に日本国憲法(祝日法)によって定められた「国民の休日」です。これは「5月5日を正式に、こどもを大切にする日の祝日としてほしい」との要望があったために制定されたものです。
このとき法律に定められた趣旨は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」こととなっています。

「こいのぼり」と「こどもの日」の関係ですが、鯉のぼりはこの「こどもの日」が制定されるよりずっと以前から、すでに日本文化として確立していたのです。
では、鯉のぼりの由来を知るために、今度は「端午の節句」の歴史を見てみましょう!

関連記事:「端午の節句の由来とは?五月人形を飾る意味やマナーを解説!」

関連記事:「子ども達に「こどもの日」に伝えたい、5月5日「端午の節句」の意味と由来を解説」

鯉のぼりの由来の「端午の節句」は鎌倉時代~江戸時代にかけて形作られてきました

 

「端午の節句」は奈良時代に中国から伝わった風習で、その後日本独自に発展してきた行事です。

「端午」とは、本来は「午の月(うまのつき、現在の5月)の最初(=端)」を祝う風習のことで、奈良時代にはその風習が多くみられます。この頃は春から夏へ切り替わる時期であったため、季節の変化から体調を崩すことがありました。
その当時、病気は邪気によるものと考えられていたため、端午の節句には邪気払いとして菖蒲(しょうぶ)を飾り、菖蒲酒を飲んだり、菖蒲を入れたお風呂に入って無病息災を願っていました。

その後時代が進むにつれ、端午の節句は武家において重要な存在になっていきました。なぜなら「菖蒲」が「勝負」や「尚武(しょうぶ:武を重んじること)」を連想させたためです。
そして次第に端午の節句は「邪気払い」だけでなく、「男の子の元気な成長や立身出世を願うための行事」となったのです。

そのため武家では男の子の身を守るために「鎧」や「兜」、また弓や太刀を飾るようになりました。

それまで端午の節句は「5月の午の日」を指していただけで、特に5月5日を示したものではありませんでした。
しかし、江戸時代に「午」を「ご」と呼ぶことが数字の「5」を連想させるということもあり、徳川幕府の大切な式日「五節句(人日(じんじつ)・上巳(じょうし)・端午(たんご)・七夕(しちせき)・重陽(ちょうよう)」のひとつとして「5月5日」にお祝いするようになりました。

ここまでで大方「端午の節句の原型」はでき上がるのですが、まだ鯉のぼりは登場していません。鯉のぼりは江戸時代の中期頃に、江戸文化の中心で発祥したのです。

鯉のぼりの由来は江戸時代中期、江戸の武家で端午の節句に「のぼり」を飾る風習から

ベランダ鯉のぼり

「武家の子どもの身を案じ、出世や活躍を願う行事」として発展してきた「端午の節句の成り立ち」が分かったところで、いよいよ「鯉のぼり」が登場します。

これには、江戸時代が武家中心の社会だったことが大きく影響しています。江戸時代初期に重要な式事となった端午の節句は、どんどん豪華で華やかなものになっていきます。

たとえば将軍家に子どもが生まれた際などは、端午の節句に「幟(のぼり)」を揚げるようになりました。この幟をあげる風習が武家では「吹き流し」に変化しました。

鯉のぼりの由来の吹き流しも江戸時代中期、武家の間で生まれた鯉のぼり

現在、鯉のぼりを揚げる際には一番上に「五色(ごしき)の吹き流し」と呼ばれる、筒状の5枚の細長い尾をもった「幟(のぼり)」を揚げます。

この吹き流しは鯉のぼりより前に江戸時代中期頃に生まれた「幟」の風習で、武家由来のものとされています。

この吹き流しには
・跡取り息子が誕生したことを、神様へ告げる
・同様に、跡取り息子が誕生したことを、地域へ告げる
・中国の五行説と神道・仏教の教えが融合した
などの意味が込められています。

また、吹き流しの上に風車をつけることがありますが、これは吹き流しと同じ様に
・動く風車で目立たせて神様へ強くアピールする
・風車の音で邪気を払う
・円運動自体に魔除けの力があると信じられていた
ことに由来するといわれます。

その後、庶民の間でも五月人形を飾る風習が広まりました。古く江戸時代より伝わる五月人形の伝統は、東玉でも脈々と受け継がれております。

長い歴史に裏付けられた確かな技術の五月人形はこちらをご覧ください。
五月人形をくわしくみる

真鯉の鯉のぼりの由来は江戸時代中期、武家に対抗して民間で生まれました

主に武家の間で発展してきた端午の節句ですが、江戸時代に入ると庶民文化が著しく発展し、端午の節句は民間でも重要な式事となっていきました。

武家が五色の吹き流しを揚げたのに対し、民間では中国の伝承をもとにした「鯉のぼり」が考案され、そちらを揚げるようになりました。
その伝承は「鯉の滝登り」と呼ばれるものです。

これは「中国の黄河の上流に、とても高く流れの早い滝(龍門)があった。その水の流れにあらがって滝を登った鯉は龍となり、天を舞った」という伝承です。
ここから生まれた故事 成語「登竜門」という言葉は、現在にも残されていますよね。

この登竜門伝説から龍は五月人形の屏風などにもモチーフとしてよく用いられます。

東玉の兜飾りにも龍が描かれているデザインのセットもございます。兜飾りもご覧ください。

五月人形兜飾りで選ぶ

童謡「こいのぼり」と歌川広重、そして現在の鯉のぼりの由来

鯉のぼりと聞くと、童謡「こいのぼり」を思いだす方は多いでしょう。
「屋根より高い こいのぼり 大きい真鯉は お父さん 小さい緋鯉は 子供たち おもしろそうに 泳いでる」

この歌詞で注目したいのは
・大きい真鯉はお父さん
・小さい緋鯉は子供たち
という歌詞です。

童謡「こいのぼり」が発表されたのは昭和6年であり、今から実に約90年近く前です。この頃のこいのぼりは、歌詞から分かるように「二匹の対」で飾られていました。

真鯉は黒い鯉で、日本に多く生息する鯉です。対して、緋鯉は文字の通り、緋色(赤い色)の鯉です。
この歌詞は非常に古いため、現在の鯉のぼりとは噛み合わなくなっています。

現在の鯉のぼりの種類と由来

吉兆鯉のぼり
童謡「こいのぼり」の時代からみると、現在の鯉のぼりはかなり変化しています。現在の鯉のぼりには「五色の吹き流し」と「子鯉」を追加して飾るのが一般的です。

この、五色の吹き流しにもデザイン性がみられる昨今ですが、白無地で縫製されている箇所に家紋や男児の名前を入れることも可能です。ご希望の場合は時間に余裕をもってお問い合わせされることをお勧めいたします。

各色の鯉のもつ意味も、以下のように変化しています。
・五色の吹き流し(子どもの安全・幸せを祈願、神様への報告)
・真鯉(お父さん)
・緋鯉(お母さん)
・子鯉(子ども)

真鯉・緋鯉・子鯉で家族全体を表すようになったのが現在の鯉のぼりです。
子鯉は主に青色の鯉のぼりを揚げますが、子沢山の家では「黄色や緑色の鯉のぼり」を追加することもあるんです。

こうして見ると「鯉のぼりは歴史によって大きく飾り方が変化している」ということがおわかりいただけるでしょう。
では、逆に江戸中期の鯉のぼりはどんなものだったのでしょうか?

江戸時代中期の鯉のぼりは、真鯉一匹飾り

現在の鯉のぼりは「3~4匹」、それ以前の明治初頭では「二匹」でした。
ではそれより前の江戸時代中期はどうだったのでしょうか?

実は江戸時代に鯉のぼりが考案された際には「真鯉一匹飾り」が主流でした。
その証拠に、日本を代表する浮世絵画家として知られる「歌川広重」の『名所江戸百景』には、『水道橋駿河』に「真鯉一匹飾りの鯉のぼり」が描かれています。

つまりこの当時の真鯉は、現在のように「お父さん」を意味していたのではなく「子ども」自体を表していたのです。

このように「鯉のぼりの由来」は単純なものではなく、江戸時代中期から現代にかけて、何度も何度も変化してきたのです。

端午の節句の発展によって江戸中期に「五色の吹き流し」が武家で生まれ、庶民文化で「鯉のぼり」生まれ、それらの文化が一つに融合して現在の鯉のぼりが生まれたんですね。

とはいえ、たとえ鯉のぼりの形は変わっても親が子の健やかな成長を願う気持ちは変わりません。
鯉のぼりは、親子の関係を表した縮図のようなものなのかもしれませんね!

現在の鯉のぼりはお飾りしやすいタイプも多数ございます

鯉のぼりが大空を泳ぐ姿を目のあたりにする機会が減ってきました。住宅環境の変化による影響が大きいと思われます。
大型の鯉のぼりではなく、お庭やベランダ、または室内に飾る鯉のぼりの人気が高まっています。

庭園スタンドセット

庭園ST
庭園スタンドセットは杭を使わないスタンド式です。お庭用に特化したアルミ軽合金製のポールとスタンドがついたフルセットです。移動も楽で省スペースでも飾れます。一軒家の玄関先やお庭にオススメです。

庭園スタンドセット一覧はこちらをご覧ください。

プレミアムベランダスタンドセット

プレミアムベランダ
ベランダに適したスタンドタイプのセットです。こいのぼりを水袋のおもりで支えるタイプです。50~90度に角度を変えられますので、ベランダ以外にも直立でお庭にも設置出来ます。

プレミアムベランダスタンドセット一覧はこちらをご覧ください。

室内鯉のぼり

室内鯉のぼりを飾った様子
鯉のぼりを屋外に設置する事が困難な方におすすめするのは部屋の中に飾れる室内鯉のぼりです。
単体で飾っても、兜セットの横にお飾りするのもおすすめです。

  • 室内鯉のぼり 鯉と桃太郎(小):三匹の鯉のぼりにはそれぞれイヌ、サル、キジが乗っています。ちりめん細工でできたお人形となりますので、子供部屋のかわいいインテリアと雰囲気がぴったり。木製のスタンドにつるして飾るだけの簡単な卓上タイプです。

商品詳細

室内鯉のぼり 鯉と桃太郎(小)

35,200円(税込)

規格:高さ72cm

  • 室内鯉のぼり 悠翔(ミニ):やわらかいちりめん細工でできた三匹の鯉。矢車までもがふっくらちりめん素材。高さは飾りやすい52cmスタンドタイプの室内鯉のぼり。背景となるタペストリーには、黒い色に映える鮮やかな色の瀧を龍が登っていきます。

商品詳細

室内鯉のぼり 悠翔(ミニ)

25,850円(税込)

規格:高さ52cm

室内鯉のぼり一覧はこちらをご覧ください。

関連記事:もはや主流の「ベランダ用鯉のぼり」は手軽なのに立派に飾れる!

関連記事:鯉のぼりは室内でも優雅に泳ぐ!おしゃれな室内用鯉のぼり

〈更新日〉
2021年4月17日 現代の人気の鯉のぼりの種類を掲載しました。

ページトップへ