正月飾り

HOME | 正月飾り 更新情報一覧 | 破魔弓について・由来

破魔弓について・由来

古く中国では、端午の節句に鍾馗(しょうき)と呼ばれる強い武神が現れ弓で悪霊を平らげるという言い伝えがあったといいます。このような風習が日本の宮中にも伝えられ、天智天皇の時代の天智九年(西暦六七〇)のお正月には、弓で的を射る「射礼」「大射」などの儀式が行われていました。

平安時代にさらに盛んになりましたが、後に『葦(あし)の矢』を用いた追儺(ついな)(宮中で悪魔を駆除する儀式)に変わり、次第に年頭の飾りものとなってゆきました。

そして「はま」と呼ばれるこの的と「破魔」の語呂合わせから破魔弓は、男の子の出世と健康への祈りを託すものとして一般庶民に広まっていったのです。

破魔弓

破魔弓市

菖蒲

 

11月~12月
大販売会では、羽子板・破魔弓を300点以上取り揃えております。
1年を通しても展示販売しております。