TOP > 五月人形 > 五月人形コラム > 五月人形の種類 > 兜飾りは五月人形の代表格!孫も喜ぶ人気の兜飾りをご紹介します

兜飾りは五月人形の代表格!孫も喜ぶ人気の兜飾りをご紹介します

2020年4月1日

五月人形の種類

兜飾りは五月人形の代表格!孫も喜ぶ人気の兜飾りをご紹介します

端午の節句に飾る五月人形、そして鯉のぼり。どちらも子供たちがとても喜ぶ飾りものです。
特に鎧兜(よろいかぶと)は、歴史的に有名な武将のイメージやその特徴ある形で、男の子にとっての憧れなのではないでしょうか。

全身を守る甲冑を表現した「鎧飾り」に比べ、頭を守る武具である「兜飾り」はよりコンパクトにお飾りすることができ、簡単に出し入れもできるので、現代の住宅事情に適したとても人気の高い五月人形です。

ただ、一口に兜飾りと言っても様々な種類や大きさの商品があり、中にはかなり大きい兜飾りも販売されています。
ですから、お買い物に行く時には、事前に飾る場所や収納するスペースを考えた上で商品を選ばれることが必要です。飾る場所の写真など取っておくとよいかもしれません。

この記事ではお子さま、お孫さまの初節句の贈りものにおすすめの五月人形「兜飾り」をご紹介します。

端午の節句に兜などの五月人形を飾るのは大切なお子さまのお守りだからです

端午の節句に兜などの五月人形を飾るのは大切なお子さまのお守りだからです

「端午」とは古来、月初めの午の日を指しましたが、奇数月の同じ数字の重なる日を節句としたならわしから、いつの頃からか五月五日に限られるようになったものです。
「端午の節句」はもともと中国の習俗を起源としています。昔の中国では五月を忌み、初午の日に薬草によって災厄や病魔を祓うならわしがありました。
その風習が日本に伝わり、宮中や武家の年中行事として発展しました。菖蒲やよもぎなどの薬草を軒に差して厄除けする習慣はその流れをくむもので、ひな祭りの「桃の節句」に対し、端午の節句が「菖蒲の節句」といわれる所以です。

関連記事:「端午の節句の由来とは?五月人形を飾る意味やマナーを解説!」

関連記事:「5月の端午の節句は「陰陽五行説」の五節句に由来します」

戦国時代には、梅雨入りする前に武家社会で非常に大切なものであった鎧・兜を家の中に飾り、虫干しをして手入れをする習慣がありました。
鎧・兜は身を守る防具であるため、菖蒲などと同じ意味から男の子の厄除けのために端午の節句に飾られるようになったと考えられます。
中でも頭を守る兜はもっとも重要な武具であり、現存する昔の兜にも様々な意匠を凝らしたものがあります。
そういったものは、ある程度地位のある武将しか身に着けられないので、端午の節句に鎧・兜などの五月人形を飾ることは男の子の立身出世への願いも込められております。

今日でも、生まれた男の子の無事な成長を願い、立派な大人になって欲しいという家族の思いを込めて、5月5日には兜飾りなどの五月人形を飾ります。

関連記事:「五月の節句「端午の節句」は男の子を鎧兜や菖蒲湯で守る意味があります」

関連記事:「端午の節句のお飾りを五月人形の種類別に解説」

関連記事:「五月人形の種類と選び方を知ってお子さまの初節句にそなえましょう」

お子さまを守る兜は五月人形の中でも人気です

五月人形で人気の兜飾り

五月人形の中で兜飾りが人気なのは、まず組み立てるパーツが少ないので簡単に飾ることができるからでしょう。

同じスペースで飾る場合に全身を表現した鎧飾りよりも兜本体が大きいのです。
すから「鍬形(くわがた)」と呼ばれる角のパーツがより強調され、兜部分が見栄えすることが一番の理由でしょう。

鎧飾りの一番小さい商品の頭部分が、兜飾りの一番小さい商品に近い大きさになりますから、よりコンパクトなサイズの五月人形をお探しの場合には、特に兜飾りをおすすめします。
お片付けもコンパクトになるのがポイントです。

一口に兜飾りと言っても様々な種類があり、色合いは金・銀・ブロンズなどが基本ですが、鍬形(くわがた)の形はいろいろです。
上杉謙信や伊達政宗、徳川家康といった有名な武将の兜をモチーフにした商品も多く、それらの兜はとても人気があります。

関連記事:「兜に輝く三日月!戦国武将「伊達政宗」の五月人形」

関連記事:「上杉謙信の兜飾り4選!人物像や逸話から、兜の特徴的な日月の前立の意味まで解説」

関連記事:「男の子の節句「端午の節句」の飾りの一番人気は「兜飾り」」

五月人形には3つの基本の飾り方タイプがあります。
ここでは、飾り方のタイプ別にいくつかの兜飾りをご紹介します。

兜平飾り

一般的には「櫃(ひつ)」と呼ばれる木製の黒い足付の箱の上に兜をのせ、その後ろに屏風を置きます。平台の上に飾るタイプの兜飾りは、最も定番的な商品です。

通常しまうときには兜を櫃の中に収納しますが、最近はよりコンパクトにするため、櫃をなくして平台の上に直接兜を置くタイプの商品もあります。

  • 「5号 金竜頭立(きんりゅうずだて)」

平安時代から江戸末期に至る甲冑・刀剣類の研究に邁進し、彫金や鍛金等の技法を用いて甲冑制作に取り組んでいる、別所実正作の兜です。

商品詳細

5号 金龍頭立

309,100円(税込)

規格:幅70×奥行40×高さ50cm

平安時代から江戸末期に至る甲冑・刀剣類の研究に邁進し、彫金や鍛金等の技法を用いて甲冑制作に取り組んでいる、別所実正作の兜です。

  • 「5号 大鍬形赤糸の兜(おおくわがわたあかいとのかぶと)」

商品詳細

5号 大鍬形赤糸の兜

110,000円(税込)

規格:幅35×奥行22×高さ39cm

兜収納飾り

収納箱の上に兜・屏風・弓太刀を直接のせて飾るタイプです。
ひとつの箱にまとめるので、しまうときに収まりが良く、コンパクトな兜飾りでも飾り箱に高さがあるのでバランスよく飾ることができます。

2歳から5歳くらいのお子様が実際にかぶることができる「着用兜」の収納飾りもあります。
サイズは少し大きめにはなりますが、より豪華に飾れ、実際に着用して記念写真を撮影すると、毎年のお子様の成長を実感することができるでしょう。

  • 兜収納飾り「薫 8号 悠聡」

商品詳細

8号 悠聡

108,900円(税込)

規格:幅33×奥行22×高さ36cm

  • 兜収納飾り「着用兜 25号 伊達平鍬形」

商品詳細

25号 伊達平鍬形

165,000円(税込)

規格:幅60×奥行45×高さ83cm

兜ケース飾り(ケース入り)

ケース飾りは、ガラスやアクリルのケースの中に兜が飾られているケース入りタイプです。
兜自体が固定されている商品がほとんどですから、飾りやすくしまいやすいことを重要視される方には一番のおすすめです。

ただし、同じ間口の兜収納飾りと比べると、ケース内の空間がある為、しまうスペースは大きくなる場合がありますのでご注意下さい。
アクリルケースはガラスケースに比べると透明感が若干劣りますが、重量が軽く、割れにくいという利点があります。
アクリルは傷や曇りが付くことがありますが、車のヘッドライト用の曇り取り(研磨剤)を使い、柔らかい布で磨くときれいになるようです。(但し自己責任でお願いいたします)

  • 兜飾り「ガラスケース 上杉茶兜」

商品詳細

上杉茶兜

88,000円(税込)

規格:幅41×奥行27×高さ43cm

  • 兜飾り「ガラスケース 鎌倉兜」

商品詳細

鎌倉兜

59,400円(税込)

規格:幅38×奥行28×高さ41cm

関連記事:「五月人形の飾り方は鎧兜の大きさとタイプ、飾る場所によって決まります」

関連記事:「五月人形のなかでも人気はやっぱり「兜飾り」」

種類豊富な五月人形の中から選びぬいたおすすめの「兜飾り」6選!

ここで先ほどあげた種類ごとにいくつかおすすめの商品をご紹介いたします。
なお、本記事にて記載の東玉標準価格は、2020年2月時点での価格であり、価格や仕様の変更がある場合ございます。あらかじめご了承下さいませ。

兜平飾り:13号陽炎Ⅱ

手の込んだ接ぎ合わせ鉢の兜に、星と呼ばれる鋲をひとつひとつ丁寧に取り付けたこだわりの兜飾りです。
本革印伝の吹返し、正絹糸を編みこんだ威しなど細部まで作りこみ、気品あふれる仕上がりとなって下ります。
後ろの屏風に金で描かれた柄は「青海波(せいがいは)」と呼ばれ、無限に続く波の文様に平和で幸せな人生が永遠に続くようにとの願いが込められています。

  • サイズ:幅69×奥行40×高さ60cm
  • 東玉標準価格:187,000円(税込)

「13号陽炎Ⅱ」はこちらよりお求めいただけます。

兜平飾り:青空

江戸甲冑伝統の作りである「手並べ小札」の兜を新たな感覚で仕上げました。
龍村美術織物を使用した吹返し、青空をイメージさせる威し糸で大空に羽ばたくようにとの願いこめた兜飾りです。
バックの屏風は縦でも横にしても飾ることができるため、スペースやその年の気分によっての飾り変えも可能です。
洋風リビングに飾っても調和の取れるインテリアとしても美しい色合いの五月人形です。

  • サイズ:幅32×奥行33×高さ33cm
  • 東玉標準価格:134,200円(税込)

「青空(あおぞら)」はこちらよりお求めいただけます。

こちらにご紹介した兜飾りの他にも、東玉では多数の兜平飾りを取り揃えておりますので、こちらよりご覧ください。

兜収納飾り:12号悠望

豪華な飾り金具がついた「正絹赤糸威し」の収納兜飾りです。
兜の両脇にはセットのかわいらしいミニ鯉のぼりが一緒についています。
収納箱の正面は、一般的に収納タイプでは小さくなりがちな太刀を大きめの大小太刀が飾りつけられています。
屏風は背が高いため箱の中には入らず、閉じた状態でボックスの上に重ねて収納しますが、その分高級感ある印象になっております。

  • サイズ:幅40×奥行34×高さ56cm
  • 東玉標準価格:119,900円(税込)

「12号 悠望(ゆうぼう)」はこちらよりお求めいただけます。

兜収納飾り:6号秋華

兜収納飾り:6号秋華

自然な木目をいかした白木とオーク色の収納箱と屏風は、リビングに飾っても部屋の雰囲気とよくマッチします。
兜は「小笠原甲匠」作の「合わせ鉢星植え兜仕様」のこだわりの作りです。
兜の後ろの威し糸は紫を基調とした色々威しの「五段鍜(しころ)」となっており、コンパクトながら大変丁寧な仕上げになっております。

  • サイズ:幅35×奥行28×高さ46cm
  • 東玉標準価格:151,800円(税込)

「6号 秋華(しゅうか)」はこちらよりお求めいただけます。

こちらにご紹介した兜収納飾りの他にも、東玉では多数の兜収納飾りを取り揃えておりますので、こちらよりご覧ください。

兜ケース飾り:瑞峰

兜ケース飾り:瑞峰

六角ケースですが、正面はアクリルを曲げて作られているため柱がなく、兜の見た目を邪魔せず、すっきりとしたデザインとなっております。大きな鍬形と大小太刀は
豪華さを演出し、吹返しの双龍とケースバックの勇ましい虎が睨みをきかせ、お子様をお守りしているように見えます。

  • サイズ:幅41×奥行30×高さ50cm
  • 東玉標準価格:78,100円(税込)

「瑞峰(ずいほう)」はこちらよりお求めいただけます。

兜ケース飾り:彫金伊達

兜ケース飾り:彫金伊達

伊達政宗の兜をもとにデザインされた兜で、弦月の前立と吹返しには繊細な彫金が施されております。
ケース正面上部の枠にはめ込まれたLED電球が兜とケースのバックを美しく照らし、落ち着いた雰囲気の中にも華やかさを演出いたします。

  • 東玉標準価格:90,200円(税込)

「彫金伊達(ちょうきんだて)」はこちらよりお求めいただけます。

こちらにご紹介した兜ケース飾りの他にも、東玉では多数の兜ケース飾りを取り揃えておりますので、こちらよりご覧ください。

また、東玉ではここでご紹介した以外にも多数の兜飾りを取り揃えておりますので、ぜひこちらよりご覧ください。

関連記事:「こどもの日の五月人形「かぶと」は名匠や技巧で選ぶのがおすすめ!」

関連記事:「五月人形で人気のある兜・鎧・武者人形をご紹介します!」

関連記事:「五月人形のご購入の時期は初節句のお祝いの2か月前からがおすすめ!長く飾るために早めに準備しましょう!」

端午の節句の五月人形は、一般的に鎧・兜や弓太刀など戦いに使用された武具をモチーフにした飾りが多く、こうした戦いの為の武具をお飾りすることへの抵抗感をお持ちの方もいらっしゃることと思います。

しかし、武士の『武』という文字は「戈」(ほこ)を「止」める、刀の争いを止めるという意味があり、武士とは簡単には刀を抜くようなことはせず、本来はいかに戦わずして勝つかの方法を考えることが求められたのです。
人生を平和に過ごすために兜で身を守るということを考えれば、五月人形の兜のイメージが少し変わってくるのではないでしょうか。

ページトップへ