TOP > 五月人形 > 五月人形コラム > 兜飾り > こどもの日の五月人形「かぶと」は名匠や技巧で選ぶのがおすすめ!

こどもの日の五月人形「かぶと」は名匠や技巧で選ぶのがおすすめ!

2020年3月9日

兜飾り

こどもの日の五月人形「かぶと」は名匠や技巧で選ぶのがおすすめ!

今はインターネットで何でも買えてしまう時代です。
ネットショッピングは便利で楽しいのですが、実物を見ないで買うわけですから思っていた物と違った、というような話もよく聞きます。

安いもの、それほど大切でないものなら失敗してもまだいいのですが、ひな祭りの「ひな人形」、こどもの日の「兜(かぶと)」、小学校入学の「ランドセル」など、高価なうえに一生に一度しかプレゼントされないものだと非常に困ります。

以前では実店舗まで足を運び、実際に商品を手にとって品質を確かめ、納得してから買うのが普通でした。どこで誰が制作したのか、請負販売の品なのか、その店オリジナルの商品なのか等を確認してから購入していたものです。

ですがご安心ください。本記事でご紹介する「兜(かぶと)」は、すべて東玉が誇る名匠の作品、東玉オリジナルシリーズから厳選したおすすめの商品ばかりです。

生まれてきた男の子の赤ちゃんの「初節句の兜(かぶと)」をこの中から選んでいただけたら幸いです。

なお、本記事にて記載の価格は2020年3月時点での東玉標準価格であり、東玉標準価格の変動がある場合がございますので、あらかじめご了承ください。

こどもの日に男の子に「初節句かぶと」を贈るわけ

兜飾り

こどもの日(端午の節句)に贈る「かぶと飾り」は、男の子の無病息災を祈る大切な「お守り」です。
この鎧兜などの「五月人形」を飾る風習は、鎌倉時代の武家文化に由来しています。
武士にとって鎧兜は「男子の誇り」そして「身体を守る」大切なものでした。その中でも戦で体の最も大事な部分「頭」を防御してくれたのが「かぶと」です。

関連記事:「「こどもの日」と「端午の節句」は意味も由来も違うってホント!?」

関連記事:「ひと通りわかる!5月の節句に飾る「五月人形」の基礎知識」

関連記事:「五月人形で人気のある兜・鎧・武者人形をご紹介します!」

現在でもこどもの日に、お子さま、お孫さまの初節句の贈り物として「かぶと飾り」を選ばれる方は多いです。おそらく、その理由は「兜は鎧と比べて扱いやすく低価格、そして種類も豊富」だからではないでしょうか。

関連記事:「男の子の節句「端午の節句」の飾りの一番人気は「兜飾り」」

関連記事:「五月人形の種類と選び方を知ってお子さまの初節句にそなえましょう」

関連記事:「五月人形の選び方は誰が贈るかによっても変わります!」

「かぶと飾り」のサイズは、間口の小さいコンパクトなものから見栄えのする段飾りまで様々です。卓上サイズでかわいいミニ兜も多く販売されています。
ご家庭内での飾るスペースに合わせて選べるのは大きな魅力でしょう。

基本は「平台飾り」ですが、飾りやすく収納場所に困らない「収納かぶと飾り」や、飾り付け不要でお手入れも楽な「ケース入りかぶと飾り」も多く、飾り方の選択肢の幅も広いんです。

「鍬形(くわがた)部分」などのデザインも、かぶと飾りはバリエーションにとんでいるので、選ぶのは楽しいはずです。
おすすめデザインは、やはり伊達政宗や上杉謙信など戦国時代の有名武将ものの兜です。特に実際にかぶれる「着用兜飾り」などは、英雄好きのお子さま達に大人気ですよ!

色・柄・素材も実に豊富にあるので、きっとお探しの兜に出会えることでしょう。
東玉では様々なタイプの兜飾りをお取り扱いしているので、ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

東玉の五月人形の兜飾りはこちらからご覧ください

関連記事:「こどもの日の五月人形飾りの一番人気はやっぱり「兜」!人気の兜飾りランキング」

それでは、ここから東玉が誇る匠達が心を込めて作り上げた「かぶと」の数々をご紹介いたします。

甲冑師「別所実正」作のこどもの日に飾る五月人形のおすすめ「かぶと」

別所実正

甲冑師:別所実正(べっしょ じっしょう):
平安時代から江戸末期までの甲冑、刀剣の研究に専念し、彫金切りまわし、鍛金(たんきん)等の独自の技法を用いて甲冑製作に取り組んでいる最上級の技を持つ名匠。

甲冑師「別所 実正」の詳しいプロフィールはこちら

東玉でお取り扱いしている別所実正の商品はこちらからご覧ください

別所実正が創り出す、かぶとの細部まで光る【彫金と鍛金の技と美】を御覧ください。

6号 新総唐草(しんそうからくさ)

6号 新総唐草(しんそうからくさ)

この兜の最大の魅力は「鍬形台(くわがただい)」に施された【細やかな唐草模様の透かし彫り】です。
鉢(はち)部分には、星鋲(せいびょう)の間に「覆輪(ふくりん)」や「檜垣(ひがき)」まで取り付けてあります。
吹き返し部分に使用したのは「印伝革(いんでんがわ)」です。
お道具である「金屏風」は金物の蝶番を使わない、日本古来の作り方である本装仕立てになっています。

6号 新総唐草(しんそうからくさ) 後ろからのディティール

  • サイズ:幅54×奥行33×高さ37cm
  • 東玉標準価格:270,600円(税込)

別所実正作かぶと【6号 新総唐草】はこちらからご覧ください

5号 金竜頭立(きんりゅうずだて)

この兜の見どころの一つは【鉢前面の透かし彫り】です。
前立ての龍頭(りゅうず)も多くのパーツを手作業で組み立ててあります。
兜鉢の星の取り付けも全て手作業です。威(おどし)、忍緒(しのびのお)、櫃紐(ひつひも)は、東玉オリジナルのものを使っております。

5号 金竜頭立(きんりゅうずだて) アップ

  • サイズ:幅70×奥行40×高さ50cm
  • 東玉標準価格:299,200円

別所実正作かぶと【5号 金竜頭立】はこちらからご覧ください

特4号 新麻の葉(しん あさのは)

特4号 新麻の葉(しん あさのは)

梨地の鍬形の上に【麻の葉模様を透かし彫り】した飾り金具を付け、高級感のある兜に仕上げました。
前立ての龍頭(りゅうず)も多くのパーツを組み立てて手作りしたものです。
兜鉢上部の八幡座(はちまんざ)部分は、一枚一枚のパーツを重ねて丁寧に作りあげました。
また、星鋲(せいびょう)の間には檜垣(ひがき)付きの覆輪(ふくりん)を取り付けてあります。
随所に作者のこだわりが感じられる兜飾りです。

特4号 新麻の葉(しん あさのは) アップ

  • サイズ:幅75×奥行45×高さ62cm
  • 東玉標準価格:399,300円(税込)

別所実正作かぶと【特4号 新麻の葉】はこちらからご覧ください

こどもの日に初節句を迎える男の子のために甲冑師「加藤峻成」が作った「伝統モダンかぶと」

加藤峻成

甲冑師:加藤峻成(かとう しゅんせい):
国の「伝統工芸士試験」に最年少合格を果たした【江戸節句人形の伝統工芸士】。
江戸時代甲冑の伝統技法を受け継ぎ、現代感覚を取り入れた「彩り」シリーズが人気です。
父、峻厳の指導もと、江戸甲冑伝統の技法にこだわり、新たな作品を続々と発表する。今後の業界を担う、新進気鋭の若手甲冑師。

甲冑師「加藤 峻成」の詳しいプロフィールはこちら

東玉でお取り扱いしている加藤峻成の商品はこちらからご覧ください

気鋭の甲冑師が生み出す【現代の伝統かぶと】をお楽しみください。

4分の1 札頭金箔 紺裾濃(さねがしらきんぱくこんすそご)

分の1 札頭金箔 紺裾濃(さねがしらきんぱくこんすそご)

上品に仕上げた「手並べ小札(こざね)兜」です。
名前の所以は【1cm幅程度の紙札を並べてしころを作る】という本物に習った技法で作りあげているからです。
しころ上部のみに金箔を施した【峻成ならではの兜】です。

  • サイズ:幅54×奥行33×高さ38cm
  • 東玉標準価格:218,900円(税込)

加藤峻成作かぶと【4分の1 札頭金箔 紺裾濃】はこちらからご覧ください

青空(あおぞら)

青空(あおぞら)

黒の漆で仕上げる鉢・しころに白を用いて爽快なイメージに仕上げた兜です。
「晴れ渡る“青空”の様な気持ちの大きい男の子に成長してほしい」という峻成の願いが込められた兜です。

  • サイズ:幅32×奥行33×高さ33cm
  • 東玉標準価格:134,200円(税込)

加藤峻成作かぶと【青空】はこちらからご覧ください

緑樹(りょくじゅ)

緑樹(りょくじゅ)

こちらは、黒の漆で仕上げる鉢・しころに美しい緑色を用いた兜です。
峻成が「地に根を張り種をつくる強い生命力を持つ“緑樹”のような人に育ってほしい」という子どもへの願いを込めて制作した兜です。

  • サイズ:幅32×奥行33×高さ33cm
  • 東玉標準価格:138,600円(税込)

加藤峻成作かぶと【緑樹】はこちらからご覧ください

大地(だいち)

大地(だいち)

黒の漆で仕上げる鉢・しころに暖かい茶色を用いた風合いのある兜です。
この兜には赤ちゃんに「“大地”にしっかり足を着け一歩一歩人生を歩んでもらいたい」という願いが込められています。

  • サイズ:幅32×奥行33×高さ33cm
  • 東玉標準価格:143,000円(税込)

加藤峻成作かぶと【大地】はこちらからご覧ください

5分の1 赤糸長鍬(あかいとながくわ)

5分の1 赤糸長鍬(あかいとながくわ)

峻成の一番小さい兜ですが、素材と技は変わらぬ一流品です。
可愛らしい鯉のぼりがアクセントになり、女性にも人気のお飾りです。

5分の1 赤糸長鍬(あかいとながくわ) 兜

  • サイズ:幅27×奥行27×高さ36cm
  • 東玉標準価格:99,000円(税込)

加藤峻成作かぶと【5分の1 赤糸長鍬】はこちらからご覧ください

こどもの日に贈る東玉オリジナルおしゃれな「彩宴シリーズかぶと」

彩宴シリーズかぶと

甲東玉の「彩宴シリーズ」は、「伝統」と「モダン」が融合した独自の世界観。
和室にでもリビングにでも、インテリア感覚でお飾りいただけるモダンなデザインが魅力的な「彩宴かぶと」をご紹介します。

東玉の彩宴シリーズはこちらからご覧ください

9号 純金箔龍村(じゅんきんぱくたつむら)

9号 純金箔龍村(じゅんきんぱくたつむら)

  • サイズ:幅42×奥行34×高さ42cm
  • 東玉標準価格:113,300円(税込)

彩宴シリーズかぶと【9号 純金箔龍村】はこちらからご覧ください

7号 ブロンズ貫前(ぬきさき)

号 ブロンズ貫前(ぬきさき)

  • サイズ:幅36×奥行30×高さ32cm
  • 東玉標準価格:137,500円(税込)

彩宴シリーズかぶと【7号 ブロンズ貫前】はこちらからご覧ください

6号 純金箔金茶縅(じゅんきんぱくきんちゃおどし)

6号 純金箔金茶縅(じゅんきんぱくきんちゃおどし)

  • サイズ:幅35×奥行22×高さ39cm
  • 東玉標準価格:140,800円(税込)

彩宴シリーズかぶと【6号 純金箔金茶縅】はこちらからご覧ください

10号 上杉・龍村裂の兜(うえすぎ・たつむたぎれのかぶと)

10号 上杉・龍村裂の兜(うえすぎ・たつむたぎれのかぶと)

  • サイズ:幅50×奥行40×高さ48cm
  • 東玉標準価格:148,500円(税込)

彩宴シリーズかぶと【10号 上杉・龍村裂の兜】はこちらからご覧ください

10号 本金箔・川島織の兜(ほんきんぱく・かわしまおりのかぶと)

10号 本金箔・川島織の兜(ほんきんぱく・かわしまおりのかぶと)

  • サイズ:幅50×奥行40×高さ48cm
  • 東玉標準価格:159,500円(税込)

彩宴シリーズかぶと【10号 本金箔・川島織の兜】はこちらからご覧ください

10号 印伝吹返赤糸威(いんでんふきかえしあかいとおどし)

10号 印伝吹返赤糸威(いんでんふきかえしあかいとおどし)

  • サイズ:幅54×奥行38×高さ62cm
  • 東玉標準価格:165,000円(税込)

彩宴シリーズかぶと【10号 印伝吹返赤糸威】はこちらからご覧ください

こどもの日のお祝いに東玉おすすめの「端午木目込かぶと」を!

端午木目込かぶと

こどもの日に初節句を迎える赤ちゃんのために「もっとやさしく」「もっと可愛らしく」。そんな思いを込めて作った東玉オリジナルの「端午木目込シリーズかぶと」です。
木目込みと正絹の風合いにより可愛さと上品さが兼ね合わさった兜となっています。畳でも洋室のお部屋にでも馴染めるようなデザインと色合いに仕上げています。

「人形のまち岩槻」で育まれた【江戸木目込の技】をぜひ堪能ください。

東玉の端午木目込の五月人形はこちらからご覧ください

奏・青音(あおと)

奏・青音(あおと)

  • サイズ:幅28×奥行28×高さ32cm
  • 東玉標準価格:74,800円(税込)

端午木目込シリーズかぶと【奏・青音】はこちらからご覧ください

奏・青音(りょくおん)

奏・青音(あおと)

  • サイズ:幅28×奥行28×高さ32cm
  • 東玉標準価格:74,800円(税込)

端午木目込シリーズかぶと【奏,緑音】はこちらからご覧ください

ここまでご紹介いたしました東玉のこどもの日のかぶと飾りは、すべて実店舗でも、実際にお手にとってご覧いただけます。
輝きや艶が現物と遜色ないよう撮影に努めていますが、やはり実際に現物をみるのとは違います。
是非、東玉の店舗まで足を運んでいただき実物をご覧になられることをおすすめいたします。

東玉の店舗情報はこちら

手間を惜しまずに丹精込めて作られたものというのは、見る人の心を打つものです。
こどもの日に男の子のお祝いに贈るかぶとは、そういうものを選びたいですね。

大切なお子さまの成長をずっと見守ってくれる「かぶと」です。
ランキングをみて人気の商品を選ぶのもいいですが、実物をご覧になって五月人形に魂をかける職人達の情熱と熟練の技を感じていただけたら幸いです。

お子さま、お孫様にふさわしい兜飾りに巡り会えたら一生モノですね。

ページトップへ