TOP > 雛人形 > 雛人形コラム > ひな祭りのお料理レシピ > ひな祭りのレシピには、それぞれどんな意味があるの? お子様や大人も楽しめるレシピは?

ひな祭りのレシピには、それぞれどんな意味があるの? お子様や大人も楽しめるレシピは?

ひな祭りのレシピには、それぞれどんな意味があるの? お子様や大人も楽しめるレシピは?

ひな祭りの楽しみといえば、お人形を飾りつけるワクワク感。
雛人形を飾り、桜や橘、そして雛道具などの小物も飾り付けます。

さらにはお待ちかねの雛料理。
「高坏(たかつき)」に「菱餅(ひしもち)」を飾り付けたり、桜餅などをお供えします。雛料理はどれも色とりどりで可愛らしく、ひな祭りを盛り上げます。

しかしこれらの雛料理には、どんな意味があるのでしょうか?
またお子様や大人にも人気のレシピにはどんな料理があるのでしょうか?

ひな祭りレシピの基礎知識! 伝統的なひな祭りのお菓子や料理に込められた意味とは?

ひな祭りでは「雛料理」と呼ばれる特別なお菓子や料理をいただきますが、それぞれの雛料理には特別な意味があります。

菱餅を食べる意味や由来は?

ひな祭りの代表的なお菓子として「菱餅」があります。平安時代に中国から「上巳の節句(じょうしのせっく、桃の節句とも)」が広まってきた当初から親しまれる伝統料理です。

菱形である理由は、心臓の形を模しているためです。
菱餅には「お子様の健康と健やかな成長」の願いが込められているのです。

菱餅の鮮やかな三色にも意味があり、「春の情景」を表しています。

白:菱(ひし):雪解け:長寿・子孫繁栄
緑:蓬(よもぎ):芽吹き:厄除け・清浄
赤:梔子(くちなし):桃の開花:魔除け・解毒

菱餅の一番上は赤(紅・ピンク)と決まっていますが、その次を白か緑にするかは決まりがありません。

たとえば一番下が緑なら「春先の桃の花のそばに、雪が残り、新芽が芽吹く情景」を表し、逆に一番下が白なら「春先の桃の花のそばに、新芽が雪をかき分けて発芽した情景」を表します。

江戸時代までは梔子のない白と緑の二色でしたが、明治時代に入って鮮やかで春らしくなるよう、赤い層が追加され、現在の菱餅になりました。

関連記事:「菱餅がひな祭りに飾られるようになった意味と由来を解説

関連記事:「ひな祭りに飾って食べる「菱餅」が菱形で三色なのはどんな由来があるの?

ひなあられを食べる意味や由来は?

次は「ひなあられ」についてのお話です。

ひなあられは、菱餅に桃色が追加された江戸時代から登場します。当時は屋外でひな祭り遊びをおこなう風習があり、菱餅を携帯するようになりました。

菱餅はお餅ですから、外にもっていく頃には固まっています。その菱餅を砕いて食べていたのが、ひなあられの由来とされます。

ひなあられは菱餅と同様に三色か、ここに黄色を足して四色が使われます。これは四季をイメージし「一年中のお子様の健康を願う」という意味があります。

緑:春
赤:夏
黄:秋
白:冬

ひなあられの味は千差万別で、甘い金平糖のようなものや、おせんべいのような甘じょっぱいものもありますので、ひなあられは「お子様の味覚に合わせて選ぶ」のが良いでしょう。

関連記事:「最近ではひな祭りのごちそう料理も種類色々!選べてうれしいレシピ

関連記事:「桃の節句「ひな祭り」は女の子の節句!お祝いのしかたや楽しみ方!

関連記事:「女の子の初節句「桃の節句」には何を準備し、何をすれば良いのでしょうか?

桜餅を食べる意味や由来は?

桜餅もひな祭りで楽しまれる代表的なお菓子です。ただこちらは伝統的な意味合いは薄く、菱餅の代替として近年選ばれています。

5月5日の端午の節句にて「柏餅(かしわもち)」を食べる風習があったため、桃の節句でピンク色の桜餅を選ぶようになりました。

桜餅には「長命寺(ちょうめいじ)」と「道明寺(どうみょうじ)」があります。長命寺は「餡(あん)」を焼いた小麦粉の生地でおおったもので、関東で多く見られます。
対して道明寺の桜餅は餅で餡をおおった大福のようなもので、関西などで親しまれます。

桜餅の豊かな香りは、塩漬けした「大島桜(おおしまざくら)」の香り成分「クマリン」に由来し、「血流改善」や「リラクゼーション効果」があるとされています。桜餅は葉がついたまま食べても問題ありませんし、はずして食べても構いません。

関連記事:「最近ではひな祭りのごちそう料理も種類色々!選べてうれしいレシピ

ひな祭りレシピの代表的な料理:はまぐり料理を食べる意味や由来は?

はまぐりは平安時代頃より「貝合わせ」という遊びで親しまれ、縁起のよい存在とされています。

はまぐりは二枚貝のため、一度外すと別の貝殻と合わせることができません。そこから「生涯を通して仲のよい夫婦生活を送れますように」という願掛けに使われてきました。

はまぐりにはミネラルやアミノ酸などの栄養素が多く、それらを余すことなく頂けるお吸い物は、とても理にかなっているレシピです。

関連記事:「ひな祭りのお食事に「ハマグリのお吸い物」が出てくるのはなぜ?

ひな祭りレシピの代表的な料理:ちらし寿司を食べる意味や由来は?

「ちらし寿司」は、はまぐりのお吸い物と供によく楽しまれる家庭料理です。

ちらし寿司は「江戸前ちらし」と「五目ちらし」に大別され、江戸前ちらしは生魚を細かく切って載せ、対して五目ちらしでは生魚を用いるよりも「ちりめんじゃこ」などを振るのが一般的です。

ひな祭りでちらし寿司を食べる風習は江戸時代から始まったとされていますが、これは定かではありません。

ちらし寿司は古くから多くの家庭で様々な行事ごとで作られてきた家庭料理です。
鮮やかで可憐なちらし寿司が「ひな祭りのごちそう」として振る舞われるようになったのは、ある意味で自然なことでしょう。

関連記事:「ひな祭りのごちそうの定番「ちらし寿司」の意味と由来

ひな祭りレシピの代表的な料理:白酒や甘酒を飲む意味や由来は? 両者の違いは?

ひな祭りでは「白酒(しろざけ)」や「甘酒(あまざけ)」もよく楽しまれています。

白酒の起源は、平安時代より上巳の節句で飲まれていた「桃花酒(とうかしゅ)」であるとされ、「清酒」に清めや魔除けの意味がある桃の花を浮かべたお酒です。また桃は「百歳(ももとせ)」を連想させ、縁起のよいものとされていました。

その後江戸時代に入り、桃花酒の代わりに白酒を飲む習慣が定着しました。その理由は当時の豊島屋本店が「白酒」を生みだし、それを広めたためとされています。

白酒は「みりん」や「焼酎」に「米麹(こめこうじ)」などを加えて発酵し、数カ月間の熟成後にすりつぶして作るお酒です。白酒はとてもアルコール度数が強く、7度から12度前後にもおよびます。これではお子様が飲むのに不適切であったため、代替として作られるようになったのが甘酒です。

甘酒は「酒」とついているもののアルコール度数は0か限りなく0に近く、小さなお子様でも安心です。甘酒は米麹から作るまろやかで甘い飲み物で、健康維持にも役立つため、「飲む点滴」とも呼ばれています。

白酒は酒税法の関係でご家庭で製造することはできませんが、甘酒はご家庭でも作ることができます。

関連記事:「ひな祭りの白酒は子供に飲ませて大丈夫!?

お子様にも大人にもおすすめのひな祭り料理レシピをご紹介

続けて最近のひな祭りに最適なレシピをご紹介します。
お子様に喜ばれるのは、昔ながらの伝統料理よりも和洋折衷で華やかな料理です。
ひな祭りの伝統は抑えつつも、お子様受けのよいレシピをみていきましょう。
ひな祭りレシピのポイントは「赤・緑・黄色・白」の四色を意識することです。アレンジの仕方によっては、お子様にも大人にも万人受けする料理もありますよ!

ひな祭りレシピでお子様へおすすめの一品:ミルク菱餅プリン

菱餅は伝統的でありながら、色合いの華やかさがひな祭りらしいお菓子です。
ただ菱餅には少々食べづらいという点があるので、伝統的なひな祭りカラーを踏まえ菱餅をプリンにアレンジしてはどうでしょうか?

材料や詳細な作り方は、以下の記事をご覧ください。
このほかにも、「お子様に人気のひな祭りレシピ」を多数取り扱っています。

関連記事:「大勢があつまるひな祭りのおもてなしはみんなが好きなメニューで!

ひな祭りレシピでご家族全員でおすすめの一品:フレンチ風カップ寿司

ご家庭によっては、さまざまな年齢層の方が集まることもあるでしょう。
年齢層に幅があると「どんな料理がよいの?」と迷ってしまうことも。

そんな時におすすめなのが、可愛くて色鮮やかな「フンチ風カップ寿司」です。
フレンチドレッシングを使って頂く和洋折衷のお寿司で、一度食べると箸が止まらなくなります。ご年配の方には、フレンチドレッシングのかわりにポン酢などを使っても美味しく頂けますね。

材料や詳細な作り方は、以下の記事をご覧ください。
このほかにも「お子様や大人にも人気のひな祭りレシピ」を取り扱っています。

関連記事:「最近ではひな祭りのごちそう料理も種類色々!選べてうれしいレシピ

まとめ

3月3日のひな祭り。これまで頂いてきた色々なひな祭りのお菓子やお料理には、さまざまな意味がありました。
しかし「お子様の健やかな成長を願う」という点は共通しており、ご両親やお祖父様・お祖母様の強い願いが込められていたのですね。

それらの願いの多くは、ひな祭りの伝統カラーである「赤・緑・白・黄」がモチーフになっています。ひな祭りの伝統的な料理やお菓子とともに、ひな祭りカラーを受け継いだレシピを試してみてはどうでしょうか?

ページトップへ