TOP > 雛人形 > 雛人形コラム > ひな祭りのお料理レシピ > 最近ではひな祭りのごちそう料理も種類色々!選べてうれしいレシピ

最近ではひな祭りのごちそう料理も種類色々!選べてうれしいレシピ

最近ではひな祭りのごちそう料理も種類色々!選べてうれしいレシピ

日本の伝統的な春の行事「ひな祭り」。
女の子の息災を願うため、3月3日にはごちそうを作るというご家庭も多いと思います。

最近では古くから伝わる料理だけでなく、アレンジや新しい要素が加わった「今風の」ひな祭り料理が豊富に登場しています。選択肢が増えるのはうれしい一方で、逆に今年はどんな料理を作ろうか迷ってしまうことも多いですよね。

そこで本記事では、伝統的なひな祭りのお料理はもちろん、洋風アレンジや中華風アレンジが加えられた創作お料理のレシピまで、幅広く見ていきます。

ひな祭りにどんな料理を作ろうか悩んでいる方には必見です!

やっぱり伝統的な和食のひな祭りのお料理

やっぱり伝統的な和食のひな祭りのお料理

まずは、日本古来からひな祭りの食卓を飾ってきた、伝統的なひな祭りのお料理を見ていきましょう。

菱餅

ひな祭りの代表的なお料理、菱餅。
ひな祭りの元となった「上巳の節句」の文化と一緒に中国から伝わった餅料理が、日本で独自に進化したものです。

白は菱の実の色、緑は蓬(よもぎ)の色、赤はクチナシの色。
色ごとに長寿・清浄・魔除けなどの願いが込められている縁起物です。

色の組み合わせにも意味があり、春を表現しています。
下から白・緑・赤の順番は「雪から芽吹いた新芽、頭上に桜」という情景を、下から緑・白・赤の順番は「雪の下に新芽、頭上には桜」という情景の表現です。

雛あられ

お子さまに大人気の雛あられ。
こちらも白・緑・赤の三色が使われており、表面には砂糖がまぶしてあります。ひな祭りの元になった「ひいな遊び」に持っていくおやつだったことから、ひな祭りでもん食べられるようになったとされています。

東日本の雛あられは米粒をあぶったものが原型で、甘い味付けがされることが多いです。その一方、西日本の雛あられは餅を砕いて揚げたものが原型で味付けもしょっぱくなる傾向があり、地域によって違いがあります。

白酒

白酒は、蒸した糯米に焼酎やみりん、麹を加えて熟成させ、すりつぶして作られるお酒です。
白酒の原型は「桃花酒」というお酒。邪気を祓う神聖な力があるとされていた桃の花びらを浮かべることで百歳(ももとせ)を表現し、長寿を願いました。江戸時代頃から、桃花酒に代わって白酒が定着し始めたとされています。

蛤(はまぐり)

蛤も、ひな祭りに食べられる縁起物として有名で、お吸い物にして食べる方法が伝統的です。同じ蛤の貝殻でないとぴったり合わさることはないことから、相性の良い結婚相手と巡り合い、仲睦まじく暮らせるようになるという願いが込められました。

また、昔はひな祭りの時期は潮の干満の差が大きく、磯遊びに適した時期でもありました。この習慣が、水辺で遊ぶことで身を清めるという中国の節句の考え方と合わさり、蛤を縁起の良いものととらえるようになったという説もあります。

ちらし寿司

ちらし寿司では、長寿祈願のエビ、先まで見通せる人生を願うレンコン、マメで仕事がうまくいくという願いが込められた豆など、縁起のいい食材をふんだんに使っています。
ひな祭りの原型、ひいな遊びで食べられていたという「なれ寿司」がちらし寿司の元になったと言われています。

関連記事:大勢があつまるひな祭りのおもてなしはみんなが好きなメニューで!

普段の食事も洋風が多いお宅ではひな祭りのお料理も洋風に

ひな祭り洋風料理

次は、ひな祭りの伝統料理に洋風アレンジが加わった、「和洋折衷」のひな祭り料理について見ていきます。

普段の食事で洋風の料理を食べることが多いご家庭では、ひな祭りの食事も洋風アレンジを施してみましょう!

菜の花のパスタ

春を感じさせる「菜の花」を使って、緑黄色豊かなパスタを作ってみましょう。
フランスパンと合わせても◎

材料(2人分)

  • パスタ 150g
  • 菜の花 4本
  • アスパラガス 3本
  • スナップエンドウ 3つ
  • ブロッコリー 3房
  • オリーブオイル 適量
  • ニンニク 1片
  • ベーコン 2枚
  • だし 1/2袋
  • 醤油 小さじ1/2
  • 黒胡椒 適量

作り方

  • 1.パスタを茹でる
  • 2.オリーブオイルとニンニクで、ベーコンを炒めます
  • 3.パスタを茹でている鍋に野菜を入れて軽く茹で、水を切ってベーコンと炒める
  • 4.だしとパスタのゆで汁をお玉1杯分フライパンにそそぐ
  • 5.ゆであがったパスタのお湯を切ってフライパンに入れ、醤油と黒胡椒で味を調えて完成!

フレンチ風カップ寿司

ドレッシングを使えば、和のお寿司がフレンチ風に早変わり。
縁起も見栄えもいい蒸しエビを綺麗に乗せることがポイントです。

材料(4人分)

  • ご飯 4膳
  • フレンチドレッシング 大さじ3
  • 砂糖 小さじ2
  • 蒸しえび 100g
  • アボカド 1個
  • セロリの葉 適量
  • 松の実 小さじ2杯
  • 錦糸卵 卵2個分

作り方

  • 1.蒸しエビとアボカドを切り、セロリの葉をちぎってフレンチドレッシング・砂糖と和える
  • 2.松の実を炒って刻む
  • 3.1で作ったものと粗熱をとったご飯を混ぜる
  • 4.カップに盛り付けて完成!

春のカナッペ

こちらもフレンチ料理、「カナッペ」をひな祭り風にアレンジしましょう。
ワインと楽しめる1品です♪

材料(4人前)

  • クラッカー 20枚
  • クリームチーズ 100g
  • 黒こしょう お好み量
  • ローストビーフ 10枚
  • ローストビーフのタレ 適量
  • 洋がらし(からしでも可) 適量
  • ミニトマト 6個
  • 黒オリーブ 6個
  • 蒸しエビ 10尾
  • タルタルソース 大さじ8
  • ピクルス 2本
  • スナップエンドウ 5本

作り方

  • 1.熱を加えて柔らかくしたクリームチーズをクラッカーに塗り、黒コショウを振る。
  • 2.クラッカー10枚には蒸しエビ・タルタルソース・ピクルス乗せる。
  • 3.もう10枚にはローストビーフ・タレ・からし・カットしたミニトマトを乗せる
  • 4.スナップエンドウを散らして完成!

毎年のメニューを一新!中華風のひな祭り料理

「ひな祭りのメニューは色々試したし、新しいジャンルにも挑戦してみたい」
そんな時は、オリジナリティあふれる「中華風」のひな祭り料理を作ってみてはいかがでしょう?
「いつもとちがう」という特別感は、ご家族にも喜んでもらえること間違いありません!

酒粕と豆腐の中華スープ

季節の変わり目、体調を崩しやすい時期に嬉しい中華スープをひな祭り風に作ってみましょう。

材料(3人分)

  • 木綿豆腐 1/2丁
  • 人参 1/2本
  • ごぼう 1/2本
  • 大根 1/2本
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 小芋 3個
  • ちくわ 2本
  • 薄揚げ 1/2枚
  • 中華スープ 3カップ
  •  

  • 酒粕 大さじ3
  • 味噌 大さじ2
  •  

  • 塩 お好み量
  • 醤油 お好み量
  • 青ねぎ 1本
  • 味唐辛子 適量
  • 胡麻油 適量

作り方

  • 1.人参・大根をいちょう切りに、玉ねぎをざく切りに、ゴボウはさきがきにして水にさらす。
  • 2.小芋の皮を剥き、5等分して茹でる。ちくわは縦の向きで3mmほどの幅に切る。
  • 3.鍋でごま油を熱し、野菜とちくわ・中華スープを入れて柔らかくなるまで煮る。
  • 4.酒粕と味噌に煮汁を加えて溶かし、鍋に入れて温める。
  • 5.鍋に豆腐を崩して入れ、塩・醤油で味を調えれば完成!

三色の酥皮月餅(スゥピーユエピン)

中国の伝統料理、本格的な「月餅」をひな祭りカラーで作ってみませんか?
パイを切ると、縁起のいい三色「白・緑・赤」が現れます。

材料

<パイ生地>

  • 強力粉 50g
  • 薄力粉 50g
  • 塩 2g
  • 冷水 40ml
  • サラダ油 10g
  • 無塩バター(折込用) 60g

<アーモンドクリーム>

  • バター 20g
  • 白砂糖 20g
  • 卵 20g
  • アーモンドパウダー 20g

<三色餡>

  • 白餡 80g
  • 桜の花塩漬け 3g
  • 桜の葉塩漬け 3g
  • 色粉(赤、緑) 適量

作り方

<パイ生地>

  • 1.ミキサー粉類と塩を入れて5秒混ぜる。
  • 2.冷水とサラダ油を入れ、ポロポロするまでパルスする。
  • 3.ポリ袋に入れ、冷蔵庫で1時間休ませる
  • 4.生地を四角く伸ばし、バターを包む(三つ折りにする)
  • 5.全体的に三つ折りが終わったら、冷蔵庫で1時間休ませる

<餡フィリング>

  • 1.柔らかくしたバターと砂糖・卵・アーモンドパウダーでなめらかなアーモンドクリームを作る。
  • 2.白あんを合わせ、3つに分ける。
  • 3.内1つには刻んだ桜の花と赤の色紛を、1つには刻んだ桜の葉と緑の色紛を加えて混ぜる(1つはプレーンなまま)。それらを別に絞り出し袋に詰める。

<成型して焼く>

  • 1.パイ生地を2等分し、2mmの厚さの正方形に分ける。冷蔵庫で休ませてからさらに4等分して8枚の生地を作る。
  • 2.1枚を型に敷き、底をピケする。
  • 3.3色の餡を、白→緑→赤の順に平らにならしながら入れていく。
  • 4.あんの最上部に卵液を塗り、蓋用生地をかぶせて余分な生地を切る。
  • 5.卵液を表面に塗り、ナイフで模様をつける。
  • 6.指で押さえながら空気穴を数箇所あける。
  • 7.250℃のオーブンで15~20分焼いて完成!

まとめ

伝統的なお料理から、アレンジの効いたひな祭り料理までをご紹介させていただきました。最近では伝統的な料理だけでなく、洋風や中華風などにアレンジされた料理がたくさん出てきています。

伝統は受け継ぎ、次の世代へ伝えるべきものですが、その時代を反映した変化があってこそです。この記事で見てきたレシピを参考にして、あなただけの創作ひな祭り料理を作ってみてもいいですね!

ページトップへ