毎週水曜日20時インスタライブ配信

羽子板
福豊かなお子様の成長を願って

女の子の初正月に飾る羽子板。
邪気をはね(羽根)のけ、福徳豊にすこやかに成長するようにという願いが込められています。
東玉では、様々なサイズのおしゃれな羽子板を取り揃えています。

室町時代から始まった、
羽子板の歴史

羽子板は室町時代に貴族階級の遊戯として起こりました。
最初は貴族の遊技として楽しまれていましたが時代が経つにつれ一般庶民の間にも広まり、女の子の初正月への贈り物とされるようになりました。
トンボが子供の病気の原因となる蚊を食べてくれるようにと祈り、トンボにみたてた羽を打つ羽つきとして広まっていったのです。

福徳豊かに
すこやかに成人するようにという
願いを込めて…

江戸時代に入ると、女児の誕生に羽子板を贈る習慣が盛んになりました。
これは生まれた子供が邪気をはね(羽根)のけ、福徳豊かにすこやかに成人するようにという願いを、優雅で華麗な装飾を施した羽子板に託したのだといいます。

また縁起の良い末広がりの形である事から景気をはね(羽根)上げると伝えられる羽子板は、家内安全・商売繁盛のお守りとして飾られています。

邪気をはねのけて、
健やかに育つように

羽子板で突く羽根の玉は、「むくろじ」という木の種で「無患子」と書きます。「子どもがわずらわない」という意味があり、邪気をはね(羽根)のけて健やかに育つようにをの願いが込められています。

雛人形をより華やかに、
節句を煌びやかに演出

羽子板は雛人形の横に飾ることで、より煌びやかに節句を演出する両祝い飾りにもなります。
東玉では、リビングや玄関にも合い、季節のインテリアとしてもお飾りいただけるコンパクトでオシャレな羽子板を取り揃えています。

おすすめの羽子板

おすすめの羽子板

- RECOMMENDED -

東玉では様々なサイズの羽子板をご用意しております。
雛人形と合わせて飾る事で、より一層華やかな空間も演出でき、両祝いともなるので、雛人形との合わせ買いもおすすめです。
また、2人目のお子様ですでに雛人形がある場合に、羽子板のみの購入もおすすめかと思います。

羽子板 全商品一覧

売れ筋順

条件を選択して並べ替え

  • 幅(広い順)
  • 幅(狭い順)
  • 価格(安い順)
  • 価格(高い順)
  • 新着順
  • 全8件
  • 表示件数