インスタライブ配信中!
TOP > 正月飾り > 羽子板 > 羽子板 コラム > 羽‌子‌板‌は‌い‌つ‌ま‌で‌飾‌る‌の‌が‌正‌し‌い?‌し‌ま‌う‌時‌期‌と‌「何‌歳‌ま‌で」‌飾‌る‌か‌

羽‌子‌板‌は‌い‌つ‌ま‌で‌飾‌る‌の‌が‌正‌し‌い?‌し‌ま‌う‌時‌期‌と‌「何‌歳‌ま‌で」‌飾‌る‌か‌

2020年11月5日

羽子板 コラム

羽‌子‌板‌は‌い‌つ‌ま‌で‌飾‌る‌の‌が‌正‌し‌い?‌し‌ま‌う‌時‌期‌と‌「何‌歳‌ま‌で」‌飾‌る‌か‌

お正月時期には女の子のいるご家庭では羽子板(はごいた)、男の子のいるご家庭では破魔弓(はまゆみ)を飾りますが、これらはいつまで飾るものなのでしょうか?

赤ちゃんの「初正月のお祝い」に祖父母やご親戚から贈られた羽子板や破魔弓は、お子様の「お守り」として、その後の健やかな成長を見守ってくれるものです。
しかし、私達が羽子板・破魔弓をよく目にするのはお正月前後。
と言うことは、これらは「時期限定のお守り」なのでしょうか?
更に「成長を見守るお守り」と考えるなら、羽子板・破魔弓と言うものは大人になったらもう飾らないものなのでしょうか?

この記事では、羽子板・破魔弓はいつからいつまで飾るのか、そして何歳まで飾るのかなど「いつ?」についてご紹介します。

 羽子板や破魔弓の起源と意味

現代ではお正月の時期によく見かける羽子板や破魔弓を、ただの「季節のお飾り」と考える方も多いようですが、本来の意味は「魔除け」や「厄祓い」です。

では、なぜ羽子板・破魔弓がそのような意味を持つようになったのか、その由来を見てみましょう。

羽子板と破魔弓の起源はいつ?

まず、羽子板の起源はいつなのか、その歴史を見てみましょう。

古い記録によると、もともと羽子板は「お飾り」としてではなく『羽根つき遊び』に使う用具として生まれました。この『羽根つき遊び』の由来はいくつかあります。

・7世紀頃から宮中で行われていた『毬杖(ぎっちょう)遊び』
・室町時代に年占いと平安祈願のために行っていた『胡鬼(こき)の子勝負』
・室町時代に主に宮中の女官たちが遊んでいた「羽根つき遊び」

これらの遊びや行事で用いられていた羽子板は、当初から縁起のよいとされる「末広がり」の形をしていました。そして、絵具で松竹梅などの縁起のよい図柄や、宮中行事だった『左義長(さぎちょう)』と呼ばれた「悪魔祓い行事」の風景などが描かれていたそうです。

関連記事:「お正月の羽子板の基礎知識!意味は蚊除け?形はトンボに由来?」

一方の破魔弓の由来も諸説あります。

・飛鳥時代のお正月に行われていた『射礼(じゃらい)』と言う弓で的を射つ儀式
・平安時代の宮中での『追儺(ついな)』と言う「悪魔祓いの儀式」
・平安時代頃から神社で執り行われていた『弓射 (ゆみいり)』と言う「年占いの儀式」
・室町時代に「邪気祓い」として宮中で行われていた『鳴弦(めいげん)の儀』

古来より神聖な力を持つと信じられてきた弓矢は、「邪気」や「魔」を祓うための様々な儀式に用いられていたのです。

その当時、弓矢で射る的のことを『はま』と呼び、そこから後に「魔を打ち破る」と言う意味を込めて『破魔弓』の字が当てられたそうです。

関連記事:「破魔弓の意味は「魔除けと厄祓いのお守り」その歴史と由来を解説」

いつから羽子板・破魔弓は赤ちゃんのお守りになったの?

次に、儀式などに用いられていた羽子板や破魔弓が、いつからお正月飾りとなり、赤ちゃんの初正月のお祝いとして贈られるようになったのかを見てみましょう。

羽子板は誕生した当初から、羽根つきには「魔や邪気をはね(羽根)のける」と言う意味がありました。
もともと新年の年占いや宮中での遊びとして生まれ、その後お正月の女の子の遊びとなった羽根つきですが、羽根をつくことは「その年の厄祓い」でもあったのです。

羽子板をお正月に飾るようになったのも、羽根つきが生まれたのと同じ頃です。
宮中では「魔除け」や「厄祓い」の意味を込めて、縁起のよい形をして縁起のよい絵柄が描かれた羽子板を飾るようになったのです。

生まれた女の子に羽子板を贈って、赤ちゃんの「無病息災のお守り」として飾る習慣は、室町時代以前からあったと言います。
実は、羽根つきで使う羽根の黒い球は『無患子(むくろじ)』と言う名の木の種子で作られています。ですから、そこには「子供が患うことがないように」と言う親の願いが込められているのです。

更に、室町時代には羽根つきに使う羽根はその見た目から古代中国でトンボを意味する「胡鬼子(こぎこ)」と呼ばれていました。感染症を運ぶ蚊を食べてくれるトンボは、免疫力の低い子供の身を守ってくれる益虫で、赤ちゃんにとっての縁起物だったのです。

関連記事:「羽子板は遊ぶ?飾る?お子様に教えてあげたい正月の羽根つき遊び」

それでは、今度は破魔弓の方の歴史を見てみましょう。

破魔弓のもともとの役割は、宮中や神社での「魔除け儀式」や「年占い」などの行事に用いるものでした。そこから、貴族の間では「厄祓い」のためにお正月に飾ったり、縁起物として贈ったりするようになったようです。

鎌倉時代になると戦の武器でもある弓矢は「強く立派な武士の象徴」となり、武家では男児が生まれると「弓と矢をセットにした破魔弓」を贈る風習が生まれました。

その後、お正月飾り用に小型化され、「魔除け」や「厄祓い」の意味を持っていた破魔弓は「男の子のお守り」として飾られるようになったのです。

関連記事:「破魔弓の飾り方は「床の間・高い位置・凶方位」今はもっと自由に」

これらの風習は現在まで受け継がれていて、赤ちゃんに贈られた羽子板・破魔弓をお正月に飾り「子供が無事に成長し、いつまでも幸せが続くように」と願うのです。

 羽子板や破魔弓はいつからいつまで飾るもの?

それでは、今度は羽子板や破魔弓を飾る時期についてお話します。

赤ちゃんの初正月の羽子板や破魔弓を飾る時期は、一般的にはいつからいつまでなのでしょうか?

赤ちゃんの初正月の羽子板・破魔弓を飾るのはいつ?

昔から年末年始などの季節の変わり目に「邪気祓い」や「厄除け」の行事が多いのは、その時期には『鬼門(きもん)』から鬼(邪気)が出てきて悪さをするため、病気になったり災厄が起こったりすると考えられていたことが由来です。

そこから、生まれて間もない赤ちゃんが無事にその時期を越せるように、初正月に羽子板や破魔弓を贈り、部屋に飾って「子供のお守り」とするようになったのです。
ですから、羽子板・破魔弓を飾る時期は、お正月を挟んだ12月中旬~1月中旬とされています。

昔ながらの風習では12月13日を『正月事始め』と言い、門松やしめ縄を用意したり、羽子板や破魔弓などの正月飾りを飾ったりと、お正月の準備をはじめます。

現代社会の忙しい生活を考えると12月半ばに正月準備をはじめるのは少し難しいかもしれませんが、年末に飾る場合でも12月29日(にじゅうく=二重苦)や31日の大みそか(一夜飾り)に飾るのは縁起が悪いとされるので、できれば避けましょう。

関連記事:「女の子の初正月に『羽子板』を贈る前に知っておきたい基礎知識」

お正月の羽子板・破魔弓はいつまで飾るもの?

では、羽子板や破魔弓はいつまで飾るのが正解なのでしょうか?

羽子板や破魔弓は正月飾りですので、お正月が終わったら片付けるものとされています。一般的には、1月15日の『小正月(こしょうがつ)』まで飾ると言う方が多いようです。

昔から小正月には全国各地で、その年のお正月に飾った門松やしめ縄、書初めなどを集めて焼く行事『どんど焼き』が行われます。この時、壊れてしまった羽子板や破魔弓も一緒に燃やされます。
この行事は地域によって『左義長(さぎちょう)』と呼ばれていますが、これは昔の羽子板によく描かれていた宮中でのお正月の悪魔祓い行事が由来です。

このように、羽子板や破魔弓を飾る時期は12月中旬から1月中旬までとされています。しかし、これは決まりではなく慣習的なものであり、その時期を外して飾っても縁起が悪い訳ではありません。

特に、羽子板・破魔弓を赤ちゃんの初正月のお祝いとして贈られた場合などは、少し早めにお飾りしてもよいですし、正月の月である1月下旬まで飾って楽しむ方も多くいらっしゃいます。

関連記事:「羽子板は「いつ」「誰が」買うのが良い?12月では遅すぎる?」

関連記事:「破魔弓は誰が買う?古くは「母方の両親」現在では誰が買っても◎」

羽子板はいつまでも飾りっぱなしでも良い?

羽子板・破魔弓を飾る時期には特に決まりはないと言いましたが、いつまでも飾りっぱなしにしていてもよいのでしょうか?

羽子板・破魔弓はいつまでも飾っておいて大丈夫?

確かに昔ながらの風習から言うと、羽子板・破魔弓は『お正月飾り』。
年の暮れにお正月準備をはじめる時に飾り、お正月が終わったらしまうものとされています。

とは言え、羽子板・破魔弓の本来的な役割は「お子様のお守り」なのです。
親だったら当然「年末年始だけでなく、一年中子供を守って欲しい!」と考えることでしょう。
羽子板・破魔弓は縁起物、そしてお守りなのですから、お正月が過ぎてもそのまま飾っておいてもよいのです。

3月3日は桃の節句『ひな祭り』。
雛人形を飾ってごちそうを用意し、女の子の誕生を華やかにお祝いし、今後の健やかな成長や幸せを願う日です。
女の子の大切な初節句ですから、羽子板も一緒に飾って華やかにお祝いしてあげましょう。

ひな祭りの飾りつけは2月上旬の立春の頃から行うものなので、羽子板はお正月が終わっても片付けずに、そのまま雛人形と共にお飾りください。

  • 松を背に柔らかさと美しさが織りなす美麗極まる羽子板:13号 鴛鴦・糸屋輪宝/松葉

羽子板の押絵の生地は、人形業界最高級の『京都龍村美術織物』の裂地(きれじ)を使用いたしました。また龍村美術織物の中でも代表的なおしどり柄を使用しております。

商品詳細

正月飾り 羽子板「13号 鴛鴦・糸屋輪宝/松葉」

89,100円(税込)

規格:幅31×奥行27×高さ53cm

羽子板の押絵の生地は、人形業界最高級の『京都龍村美術織物』の裂地(きれじ)を使用いたしました。また龍村美術織物の中でも代表的なおしどり柄を使用しております。

  • ピンクを基調とした愛らしく目にも嬉しい春の夢を想わせる羽子板:8号 窓桜/春の夢

やさしいピンク色のケースに映える羽子板。コンパクトで飾る場所に困りません。小さくても目に留まるかわいらしい羽子板です。

商品詳細

正月飾り 羽子板「8号 窓桜/春の夢」

51,700円(税込)

規格:幅25×奥行21×高さ39cm

やさしいピンク色のケースに映える羽子板。コンパクトで飾る場所に困りません。小さくても目に留まるかわいらしい羽子板です。

押絵羽子板の産地「人形のまち岩槻」東玉の羽子板飾りはこちらからご覧ください。

関連記事:「ひな祭りの雛人形は何歳からお祝いし、いつ頃から飾るのでしょうか?」

一方の男の子の赤ちゃんの初節句『端午(たんご)の節句』は、5月5日です。
この日には鯉のぼりや鎧兜(よろいかぶと)などの五月人形を飾って盛大にお祝いし、男の子の無病息災や立派な成長を願います。

五月人形の飾りつけをする時期は、3月中旬~4月中旬です。
赤ちゃんの初正月が終わってから少し間がありますので、破魔弓の場合は飾りっぱなしにするのではなく1月下旬にいったん片付けて、五月人形を飾る際に脇飾りとされてもよいでしょう。

関連記事:「破魔弓はいつまで飾る?年中飾りは五月人形とも一緒に飾れます!」

関連記事:「五月人形のご購入の時期は初節句のお祝いの2か月前からがおすすめ!長く飾るために早めに準備しましょう!」

「年中飾り」としていつまでも飾っておける羽子板・破魔弓

ここまで見てきたように、羽子板・破魔弓はお子様のお守りで縁起物です。
ですから、『年中飾り』として一年中お部屋に飾っておきたいという方も多くいらっしゃるかと思います。

とは言え、ご家族が多かったりアパート・マンションなどにお住まいで生活スペースが限られていると、羽子板や破魔弓などの「時期もののお飾り」を置いておくスペースを確保するのはなかなか難しいことでしょう。

しかし最近ではそんな住宅事情を考えて作られた、おしゃれでコンパクトな羽子板や破魔弓が多く販売されているので、スペースに合わせてインテリアとして飾ることができるのです!

  • 木目も美しい檜のケースに紅白の衣装のハーモニーも楽しげな羽子板:9号 美月/檜

コンパクトな壁掛け・額入り羽子板。少しの空間でも手軽に飾ることができ、価格もお得です。手書きされた面相は透明感のある顔色(肌色)になっております。

商品詳細

正月飾り 羽子板「9号 美月/檜」

37,400円(税込)

規格:幅20×奥行11×高さ34cm

コンパクトな壁掛け・額入り羽子板。少しの空間でも手軽に飾ることができ、価格もお得です。手書きされた面相は透明感のある顔色(肌色)になっております。

  • 木の温かみを感じられる総檜造りのケースに紅白のお衣装の羽子板飾り:8号 絞り窓桜・白/小春

商品詳細

正月飾り 羽子板「8号 絞り窓桜・白/小春」

63,800円(税込)

規格:幅25×奥行21×高さ39cm

押絵羽子板の産地「人形のまち岩槻」東玉の羽子板飾りはこちらからご覧ください。

関連記事:「初正月に羽子板を贈るならコンパクトな羽子板がおすすめです!」

関連記事:「正月飾りだけじゃない!おしゃれな羽子板はインテリアにも◎」

羽子板はいつまで女の子のお守りなの?

「子供が成長した後の羽子板や破魔弓は、いつまで飾るものなのでしょうか?」と言ったお客様の声をよく耳にしますが、何歳まで飾るのかについては特に決まりはありません。

もし「子供が無事成長するまでのお守り」として考えるのなら、子供が成人するまでの間だけ飾ることになります。
昔の風習では『立志式(りっししき)』の年齢(数え年で15歳)まで飾るとする考えがありましたが、現在では子供が成人するまで飾られるご家庭が多いようです。

成人した後や結婚してからも、縁起物のインテリアとして飾り続ける方もいらっしゃいます。羽子板や破魔弓は「無病息災や魔除けを祈る縁起物」として、いつまでも飾っておいても問題ないのです。

ただし、このような昔ながらの風習やしきたりへの考え方は地域やご家族によって異なりますので、お住まいの地域の風習などに合わせてお飾り下さい。

  • 漆黒のケースに優美さが際立つ桜柄も美しい羽子板:8号 特振32/黒とくふり/くろ

商品詳細

正月飾り 羽子板「8号 特振32/黒」

35,200円(税込)

規格:幅23×奥行20×高さ36cm

  • コンパクトでスーツケースにも収まる珠玉の羽子板:9号 美月C/ベージュみつき

奥行き11cmのコンパクトサイズながら朱の衣装に金帯輝く珠玉の羽子板

商品詳細

正月飾り 羽子板「9号 美月C/ベージュ」

37,400円(税込)

規格:幅20×奥行11×高さ34cm

奥行き11cmのコンパクトサイズながら朱の衣装に金帯輝く珠玉の羽子板

押絵羽子板の産地「人形のまち岩槻」東玉の羽子板飾りはこちらからご覧ください。

赤ちゃんの健やかな成長を見守ってくれる羽子板・破魔弓。
大切なのは「いつまで飾るか」よりも「いつから飾るか」です。
お子様の初正月に素敵な羽子板・破魔弓を飾って盛大におい祝いしてあげてください。

女の子が羽子板飾りのように華やかに美しく、男の子は破魔弓のように強く立派に成長し、いつまでも幸せな人生を送れますように。

ページトップへ