正月飾り

HOME | 正月飾り 更新情報一覧 | 羽子板について・由来

羽子板について・由来

羽子板の歴史は室町時代に始まります。最初は貴族の遊技として楽しまれていましたが時代が経つにつれ一般庶民の間にも流行するようになってゆきました。トンボが子供の病気の原因となる蚊を食べてくれるようにと祈り、トンボにみたてた羽を打つ羽つきとして広まっていったのです。

江戸時代に入ると、女児の誕生に羽子板を贈る習慣が盛んになりました。これは生まれた子供が邪気をはね(羽根)のけ、福徳豊かにすこやかに成人するようにという願いを、優雅で華麗な装飾を施した羽子板に託したのだといいます。

また縁起の良い末広がりの形である事から景気をはね(羽根)上げると伝えられる羽子板は、家内安全・商売繁盛のお守りとして飾られています。

羽子板

羽子板市

菖蒲

 

11月~12月
大販売会では、羽子板・破魔弓を300点以上取り揃えております。
1年を通しても展示販売しております。