TOP > 雛人形 > 雛人形コラム > 雛人形の相場 > ひな祭りは年に一度の女の子のお祝いの節句ですから、喜ばれるプレゼントを贈りたい!

ひな祭りは年に一度の女の子のお祝いの節句ですから、喜ばれるプレゼントを贈りたい!

2019年12月25日

雛人形の相場

ひな祭りは年に一度の女の子のお祝いの節句ですから、喜ばれるプレゼントを贈りたい!

親戚や友人に女の子が生まれました。お祝いムード満載。3月3日はひな祭り、女の子の初節句です。
生まれた赤ちゃんの健やかな成長を願い、その子の長寿を祈って、赤ちゃんのためのおひな祭りのギフトやプレゼントを贈りましょう。
可愛い赤ちゃんに喜ばれる記念のギフトやプレゼントを選びたいですね。
赤ちゃんにも喜ばれパパ、ママにも喜んでもらえるギフトやプレゼントはどんなプレゼントなのでしょうか。

ひな祭りは赤ちゃんとお雛様が一番の主役です。
主役に負けないくらいの、素敵なかわいい人気のプレゼント選びについて紹介します。
衣服を贈るときは小さい赤ちゃんには自然な素材や肌に優しい衣服を選びましょう。お菓子などの食品を贈るときはアレルギ-の問題など、赤ちゃんのママに相談します。
オモチャ、お人形を贈るときも、飾る場所などの問題がありますのでパパ、ママに相談しましょう。

ひな祭りのプレゼントに衣服を贈る際のポイント

【お子さまの年齢別】

・1歳〜7歳以上
衣服を贈る時は年齢に合わせてママの趣味や赤ちゃんに似合うものを贈りましょう。

・1歳~2歳
女の子らしいベビー服、可愛い遊び着や、ロンパ-ス、ブラウス、Tシャツ、スカート、パンツ、お出かけの用の可愛いワンピ-スは不動の人気。サイズは大きめのものをお送りしておけば間違いありません。りぼん、靴下、帽子、可愛いタオル、バスタオル、ミニタオルもとても便利です。お座りクッションも人気です。

・3歳~5歳
可愛いパジャマ、お出かけの可愛いスカート、可愛いTシャツ、ワンピース、トレーナー、パンツ、靴下、靴、可愛いタオル、バスタオル。人気の子供服ブランドを選ぶのもよいでしょう。

・6歳~7歳
小学生になります。お子さまの好みのTシャツ、トレーナー、靴下、可愛いパジャマ、スカート、バンツがやはり人気。

お子さまの成長に合わせ、お子さまの趣味に合う衣服、キャラクタ-等の衣服もあります。
それぞれの趣味や意向に合わせてプレゼントを贈りましょう。

ひな祭りのプレゼントに食品を贈る際のポイント

パパ、ママの意向にそうものを選びましょう。お子さまのアレルギーなども確認しておきます。
赤ちゃんの幸せと健やかな成長を祝うおひな祭り、初節句には皆でお祝いしましょう。
和菓子、洋菓子をプレゼントする場合は、アレルギーなどの問題もありますのでママに確認してから、プレゼントして下さい。

現在では卵や小麦粉を使わない洋菓子も販売されています。
アレルギー対応のお菓子やパンも販売されています。
一般的には、伝統の和菓子のひなまつりのあられ、菱餅、桜餅、菱餅ゼリー、甘酒。洋菓子ではクッキー、マドレーヌ、ドーナツ、いちごケーキ、ひな祭りケーキ、春らしいフルーツケーキ、赤ちゃんの名前入りケーキなど。
又は家庭でのおひな祭りにはちらし寿司、卵焼き、カボチャやポテトサラダなど、どれも重ならないように、事前にママに確認しましょう。

ひな祭りのプレゼントに雛飾りを贈る際のポイント

つるし雛や名前旗、などひな祭りは赤ちゃんと雛人形が主役です。
お部屋に合う大きさ、形など様々なひな人形があります。
ひな人形はママの両親や、パパの両親、親戚の皆様で準備します。
そこにプレゼントして一緒に飾る市松人形があります。もとは歌舞伎役者の佐野川市松がその美貌で人気者になったことから、市松のように綺麗で美しい子に育つようにとの思いが込められています。

また、わらべ人形、御所人形も通年飾ることができます。
つるし雛はたくさんの人形やさまざまないわれのあるものを、思いを込めて作り、それを集めて大きな一つの形にします。
つるし雛は、赤ちゃんの健やかな成長や将来の幸せを願い、作られています。

・犬(安産の守り神)
・うさぎ(呪力があり神様の使い)
・鶴・亀(鶴は千年、亀は万年長寿の象徴)
・金魚(綺麗に美しく育つ)
・金目鯛(鯛はめでたい、赤は魔除け)
・猿(病が去る、難が去る)
・雀(五穀豊穣)
・俵のねずみ(俵は五穀、ねずみは大黒様の使い、金運)
・蝶(蝶のように美しく)
・鳩(神様の使い)蛤(貞節の象徴)
・梟(呪力、不苦労)
・とんぼ(蚊を食べる、無病息災)
・梅(清純、節操、健康食)
・柿の実(長寿の木)
・大根(毒消し)
・竹(成長と生命力)
・唐辛子(虫除けの薬)
・茄子(成す、大願成就)
・花(美しく)
・ほおずき(安産、女性のお守り)
・桃の実(延命長寿)
・松(夫婦和合、子孫繁栄、長寿)
・山吹(黄金の色、金運幸運)
・糸巻(裁縫が上達)
・扇(末広がり、縁起が良い)
・三番叟(祝の能)
・おかたごろ(高貴な人)
・香袋(願い事を聞く)
・巾着(お金持ち)
・隠れ蓑(七宝で縁起物)
・座布団(早くお座りできる)
・草履(早くあんよができる)
・達磨(福を招く縁起物、魔除け)
・羽子板(厄を飛ばす)
・這子(成長を願う)
・枕(寝る子は育つ)」

これらの願いを込めて一つ一つをまとめ、つるし雛となります。
赤ちゃんの名前の旗、名前の木札などもプレゼントでよろこばれます。

まとめ

赤ちゃんが生まれて両親や親戚や友人の大勢の祝福のもと、ひな祭り、初節句がお祝いされます。
赤ちゃんの美しい成長、健康、長寿を願いお祝いをします。
赤ちゃんへのプレゼントは赤ちゃんの成長と共にとても大切な記念となり、いつまでも大切にしたい思い出の記憶となります。記念の集合写真、スナップ写真も忘れずに残しましょう。

大きく成長し大人になった時、おひな様やひな祭りの行事がとても大切な行事と思う、両親への感謝の心となります。
こうして日本の大切な伝統行事が守られ受け継がれていきます。

ページトップへ